【R-1グランプリ】粗品の優勝はやらせ?面白くないやつまらないとの意見も!

【R-1グランプリ】粗品の優勝はやらせ?面白くないやつまらないとの意見も!

3月10日にR-1グランプリ2019が開催されましたね。

 

霜降り明星の粗品さんが優勝したことでM-1グランプリとR-1グランプリでの2冠を達成しました。

 

これは史上初の快挙なので本当におめでたいですよね!

 

しかし、この優勝に関してはネットでは

ネットの声
これはヤラセだ!
ネットの声
粗品は全然面白くない

との意見があり、相当荒れていました。

 

今回は、粗品さんへの意見が荒れている理由などについてご紹介します!

 

霜降り明星・粗品のプロフィール

名前:粗品

本名:佐々木 直人(ささき なおと)

生年月日:1993年1月7日

年齢:26歳

出身地:大阪府

趣味:麻雀、アニメ鑑賞 など

R-1初出場年(年齢):2011年(19歳)

霜降り明星・粗品の優勝はやらせ?

粗品さんはグループでも決勝ラウンドでも獲得票数が並びましたよね。

 

しかし、今回のレギュレーションでは獲得票数が並んだ場合票を入れた人数が多い人を勝ちとするというルールとなっていました。

 

粗品さんはBグループで勝ち上がった時も決勝ラウンドでもこの勝ち方をしていた為に多くの人がやらせと感じていた様ですね。

 

2回連続で今回からのレギュレーションが適用されて優勝するというのはやらせと言われるのが仕方ないですね。

 




では、今回の優勝をやらせと言われない様にする為にはどうすればよかったのでしょうか。

 

それには間違いなく投票方法を変える必要があります。

 

今回、粗品さんが優勝したルールだと少数の票を沢山稼いだ人が勝てるということになってしまいます。

 

時間の関係でこのルールが適用されたのだと思いますが、決勝ラウンドくらいは1人1票にすれば文句がなかったのではないでしょうか。

 

1人1票にしたらセルライトスパ・大須賀さんが優勝することになっていましたよね。

 

運を味方に付けたという意味では粗品さんの実力ということは間違いないですが、違和感が覚える大会になってしまったということは間違いありません!

 

粗品さんの優勝がやらせと言われる原因になってしまったのは完全にスタッフの企画力不足ですね。

霜降り明星・粗品のネタがつまらない?

粗品さんが面白くないという意見が意外と多いですね。

 

そう言われる理由というのは「だからどうした?」ということだそうです。

元々、フリップ芸というのは「だからどうした?」にツッコミを入れるものですよね笑

 

粗品さんは漫才でもフリップ芸の様なツッコミの仕方をしながらM-1グランプリを優勝していましたね。

 

ということは、M-1グランプリを優勝した時にはR-1グランプリで優勝できるほどの実力が付いていたのでしょう。

 




2013年に三浦マイルドさんが優勝した時も「つまらない」という意見が大変多くありました。

 

粗品さんの場合はフリップ芸という好き嫌い別れるネタであるのに加えてM-1グランプリを優勝していたので、アンチの様な人が多かったのかもしれません。

 

好き嫌いがあるというのは仕方ないですね。

霜降り明星・粗品へのネットの反応は?

ネットでは賛否両論分かれています。

 

その意見を両方ご紹介します!

面白い派の意見!

面白くない派の意見!

https://twitter.com/A_rashi_o1126/status/1104714475771322374

粗品さんのネタに関しては本当に賛否両論分かれていますね。

 

面白くない派の人に対して攻撃している人もいましたが、人の感じ方は自由なのであまり攻撃する必要はないのではないかと思います。

 

ただ、どちらの意見の人にも「審査方法を変えた方がいい」という意見がありました

 

この意見を踏んで来年はもっと良い大会にして欲しいです。

霜降り明星・粗品についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

 

霜降り明星・粗品さんはM-1とR-1の2冠を達成したことで批判の的にされるということですね。

 

審査方法に関しては考え直す必要がある様です。

 

賛否両論ありますが、粗品さんの優勝は本当の実力が認められたということでしょう。

 

本当におめでとうございます!

(Visited 11,926 times, 1 visits today)

未分類カテゴリの最新記事