DaiGoのYouTubeが炎上!ホームレス差別発言に批判殺到

YouTuber




メンタリストDaiGoのYouTubeチャンネルが炎上しています。

DaiGoといえば、自身のYouTubeチャンネルで、得意の心理学を用いて恋愛や仕事に役立つ情報を発信していることで有名です。

チャンネル登録者数も245万人にのぼり、若い人への影響力がどんどん大きくなっています。

そんなDaiGoのYouTubeで一体なにが起こっているのでしょうか。

今回は、炎上の発端となったYouTubeでの発言と、世間の反応をまとめてみました。

問題のYouTubeでの発言

問題となっているのは、DaiGoのYouTubeチャンネルで8月7日にアップされた『【超辛口】科学的にバッサリ斬られたい人のための質疑応答』での発言です。

動画の中でDaiGoは生活保護者やホームレスへの差別発言を連発。

(現在は削除されています)

 

僕は生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めているんじゃないからね。生活保護の人たちに食わせるくらいなら、猫を救ってほしいと僕は思うんで。生活保護の人が生きてても僕は別に得しないけど、猫が生きてれば僕は得なんで。

自分にとって必要のない命は僕軽いんで。ホームレスの命はどうでもいいんで

言っちゃ悪いけど、いないほうがよくない?

邪魔だしさ、プラスになんないしさ、臭いしさ、治安悪くなるしさ

 

などと言いたい放題です。

さらに、批判を受けて12日に再度アップした動画では

「そんなに助けてあげたいなら、自分で身銭切って寄付でもしたらいいんじゃない?」

「(発言を)真に受けちゃった人がいて。僕はまともな人間じゃないんで。」

と開き直り、全く反省している様子が見られませんでした。

過去の動画で特大ブーメラン

今回の件で、DaiGoが過去に公開した動画がブーメランだと話題になっています。

差別する人は頭が悪い?

その動画がこちら。

差別・偏見・決めつけが強い人の正体が判明

差別主義の人・偏見の強い人・決めつける人は頭が悪い

と言い切っています(笑)

見事に自分に跳ね返ってきてしまっていますね!

しかもDaiGoによると、「差別する人=バカ」というのは科学的な研究に基づいているとのことなので、自身の頭が悪いということを論理的に証明してしまう形となってしまいました。

視聴者のために情報を提供してくれているだけに、とても残念な結果ですね。

DaiGoは「差別をする人は複雑な背景が理解できない」と言っていますが、DaiGo自身がホームレスや生活保護受給者の背景を知ろうとしていないと思われても仕方ないでしょう。

各界からの様々な反応

このDaiGoの発言に対して、さまざまな場所から批判が相次いでいます。

厚生労働省もTwitterで反応

生活保護費の支給を行っている厚生労働省は公式Twitterを更新。

生活保護の申請を呼び掛けています。

弟の松丸亮吾氏も猛反論

また、弟で謎解きクリエイターの松丸亮吾はTwitterで兄DaiGoの発言を非難。

自分の兄でも、今回ばかりはさすがに見過ごせなかったようですね。

むしろ、兄だからこそ考えを改めてほしいと思ったのかもしれません。

兄にもダメなことにダメと言える松丸亮吾は、素晴らしい人柄だと感じました!

SNSの反応

SNSでもたくさんの意見が飛び交っています。

DaiGoの発言への批判が大多数です。

また「DaiGoの考え方は、優生思想そのものだ!!」という意見もありました。

中にはDaiGoの発言に肯定的な意見もありますが、やはり命を軽んじる考え方に反発する声が圧倒的に多いですね。

まとめ

このDaiGoの発言をめぐっては、批判が殺到する一方、同調する人、擁護する人も見受けられました。

DaiGo自身も、あくまでいち個人の感想としています。

しかし、DaiGoのような影響力のある人物が、命の価値を生産性や自分にとっての都合で決めつけ、選別するような考えを世界に向けて発信すること自体に問題があると思います。

それは差別を助長する行為だからです。

今回の件は、炎上を超えて社会問題に発展しつつあるのではないでしょうか。




コメント