【梅雨の時期必見!】エアコンのカビ対策と予防法!換気と送風が鍵!

シーズン




久しぶりにエアコンつけたらなんか臭い。

そんなこと経験したことがある人も多いのでないでしょうか。

 

臭いの原因は、エアコン内のカビの可能性が高いのです!

 

梅雨〜夏のエアコンは非常にカビが繁殖しやすい場所なので、しっかりと対策と予防をしないとカビ菌を部屋中に撒くことになるかもしれません。

 

今回は、エアコンのカビ対策・予防の方法などをご紹介していきます!

 

梅雨の時期からしっかりと始めて夏に備えましょう!

 

エアコンにカビが発生するとどうなるの?

エアコンがカビたって臭いだけでしょ?

 

もしかすると、そう考えてしまう人もいるかもしれませんね。

 

しかし、エアコンがカビてしまうと健康に被害が出てしまいます。

 

主な健康被害を挙げるとこんな感じ!

  • 喘息
  • 肺炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 皮膚炎などの皮膚の異常

特にカビが発生したエアコンを使用し続けることで肺炎の症状が出ることが多い です。

 

肺炎の症状は、咳・頭痛・発熱なので夏風邪と勘違いしてしまうこともあるとか。

 

特に小さいお子様がいる過程は、注意が必要です!

エアコンにカビが発生する主な原因は?

エアコンに限らずカビが発生しやすい条件があります。

  • 気温が20度〜30度
  • 湿度が70%異常
  • ホコリやダニ、食べカスなどの汚れ

これらが揃うとカビが発生しやすくなります。

 

それぞれについて少し詳しくみていきましょう!

気温が20度〜30度

梅雨〜夏の気温は、カビにとって繁殖がしやすい環境です!

 

冷房を使用することでエアコンの周りの温度が20度〜30度になり、カビが繁殖するのに適切な温度になります。

湿度が70%以上

エアコンは、冷房運転時に取り込んだ空気が冷やされて冷気が出ています。

 

その際に、結露が発生することで自然と湿度が上がるのです。

 

また、梅雨前線は停滞前線なので長雨になり湿度が高い状況が続くので注意が必要になります。

【簡単に解説!】梅雨前線と秋雨前線の違い知ってる?わかりやすくご紹介!
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 天気予報を見ていると「梅雨前線が〜」「秋雨前線が〜」とよく耳にしますよね。 その違いにつ...

ホコリやダニ、食べカスなどの汚れ

ホコリやダニなどの汚れは、カビにとって栄養分となります。

 

エアコンの仕組み上、室内の空気を取り込んでいて使用するたびにエアコン内に汚れが溜まってしまうもの。

 

その溜まった汚れを栄養分として、カビが繁殖していってしまうのです。

 

そこに湿度と気温が合わさるとカビにとって繁殖しやすい環境が出来上がってしまいます。




エアコンのカビ対策や予防法は?

原因はわかったけど、一体どうすれば良いの?

カビが繁殖しにくい環境を作れば良いんだよ!!

 

先ほどのカビが発生する条件を踏まえて、繁殖しにくい環境を整えてあげることでエアコンがカビることを防げます!

冷房を使用したら送風運転または暖房運転をする

冷房を使用することで結露が発生し、エアコン内の湿度が上がってしまうことをご紹介しました。

 

その結露を防ぐために効果的なのが冷房使用後に送風運転または暖房運転をする ことです!

 

時間の目安は30分~1時間程度でOKなのでエアコンを消す前の習慣にしてください。

 

そうすることによってエアコン内の湿度が下がり、カビが繁殖を防止したり死滅させることができますよ!

室内の換気を徹底する

エアコンの仕組み上、室内の空気を吸うのでエアコン内に空気中のホコリや汚れが溜まってしまいます。

 

汚れを外に追い出すことでカビに栄養を与えない ということがカビ対策に有効です。

 

また、換気を行うだけでなく窓を開けて外に向かって扇風機を回すのも効果的だとか。

 

梅雨の時期は雨が多いですが、天気が良い日には換気をしましょう!

 

湿度を上げないようにする

室内の湿度が高くなると、エアコン内の湿度も上がってカビが繁殖しやすくなります。

 

そのため、できるだけ湿度を下げるということがカビ対策ではとても大切 です。

 

具体的な方法としては

  • 室内に除湿剤を置く
  • 料理中やお風呂に入る前に換気扇を回す
  • 窓を開けて扇風機を外に向かって回す

などがあります。

 

最近では、オシャレな除湿剤もあるので部屋に飾るなどして湿度を上げないように注意しましょう!

 

掃除の頻度を増やす

ホコリや塵などの汚れはカビの栄養になってしまいます。

 

カビを繁殖させないためにも梅雨〜夏は、掃除の頻度を増やして部屋の中を綺麗に保ちましょう。

 

仕事が忙しくて掃除がなかなかできない人もいると思いますが、定期的に掃除機をかけるだけでも違います!

 

カビに栄養分を与えないように意識することがとても大切です。

 

やることが多いなぁ

できることからやってみるだけでカビ対策になるよ♪

 

エアコンのカビを掃除する方法!

うわ!もうエアコンにカビが繁殖してる。

 

すぐにエアコンの掃除をして!

カビが発生したままエアコンを使用すると、健康被害があります。

 

エアコンにカビや汚れがあるのがわかったら直ぐに掃除してください!

 

 

また、カビはフィルターには発生しにくく、裏にあるファンなどに発生する と言われています。

 

少し面倒くさいかもしれませんが、しっかりと分解して洗浄するようにしてください!

 

↓エアコンを掃除している動画

業者に依頼した方が良い?

自分で掃除するのは大変。

本当にキレイになっているのか不安。

 

そんな時は業者に依頼しましょう!

業者に依頼するメリットとデメリットを表にしてみました!

 

メリットデメリット
・自分でやるよりキレイになる!

・立ち会うだけでOK!

・お金がかかる

(壁掛けタイプ:9,000円〜)

(天井埋め込み方:16,000円〜)

やはり、どうしても高額なのが気になりますね。

 

しかし、自分で分解清掃をするとエアコンが故障 したり、細かい汚れが落ちない ということもあります。

 

徹底的にキレイにしたい、安全に確実に洗浄したい人は業者に依頼してはいかがでしょうか?

 

 

エアコンのカビを防いで快適で素敵な夏を過ごそう!

エアコンのカビは健康被害があることがわかったよ!

しっかり予防と対策をすることを忘れないでね!

うん!快適で楽しい夏を過ごすぞ♪




コメント