【驚愕】内田裕也は何をしてどんな功績を残したの?ロックについてまとめ!

【驚愕】内田裕也は何をしてどんな功績を残したの?ロックについてまとめ!

日本を代表するロックンローラーの内田裕也さんが亡くなってしまいましたね。

 

奥さんである樹木希林さんが亡くなってしまってから半年後のことだったので本当に衝撃でした。

 

ネットでは内田裕也さんが一体どのような音楽をしており、どのような功績があるのかわからない人がいるようです。

今回は、内田さんが一体何をしてどのような功績を残したのかをご紹介します!

 

こんな記事も読まれています!

内田裕也の病名は?

内田裕也の名言がすごいかっこいい!

内田裕也の功績は?

内田裕也さん=ロックという印象がありますよね。

 

それなのにも関わらず内田裕也さんの代表曲が思いつく人は少ないのではないでしょうか。

 

結果から言うと内田裕也さんはロック界で神のような存在です!

 

そのような存在である理由は以下の通りです。

①ロックの始祖である

②最先端のロックを追求していた

③ロックをプロデュースした

④ロックを広めた人物だから

これを見ただけでロック界を作り上げた人物をいうことがわかりますよね。

 

次の項からはこれらのことについてご紹介しますね!

内田裕也はロックの始祖である!

内田裕也さんはロックが入ってきたばかりの時に高校を中退してロックをはじめました。

 

この時、ロックというものは日本の音楽シーンで全然定着していませんでした。

 

それなのにも関わらずエルビス・プレスリーに憧れてロックを始めました!

 

 

1957年にバンドボーイというバンドで音楽活動をスタートさせ、様々なバンドを転々とします。

 

1966年にはビートルズの前座を務めるなど日本のロックシーンの第一線を走っていました。

 

そして、同年には沢田研二さんを見出してスカウトしました。

これが沢田研二さんが所属していたザ・タイガースの始まりなのです!

 

 

誰もやっていないロックを始め、その礎を築いた内田裕也さんは本当にロック界では伝説の人物と言えますよね。

ロックをプロデュースをして日本に広めた!

やっと日本でロックが定着し始めた頃に内田さんは第一線を退いてプロデュースに回りました。

 

プロデュースに回ることで多くのロックコンサートを企画、運営し日の目を見ることのなかったロックバンド達が活躍する糸口を掴むことのできる場所を増やしました。

 

このことにより、ロックが好きな人が増えるのは間違いありませんよね。

 

有名なバンドばかりが目立つような音楽シーンだと有名バンドがいなくなった瞬間にその音楽ジャンルが衰退してしまいます。

 

内田さんはロックを日本で一番人気な音楽にしたかったのかもしれませんね。

 

既に名声を手に入れていた内田さんは体が不自由になった後も毎年ニューイヤーロックフェスを開催していたのはそのような狙いがあったのかもしれませんね。

 




内田裕也さんがいなければ今私たちが聞いているようなロックバンドが日本から生まれなかったかもしれませんね。

 

音楽業界にも私たちにも影響を与えた人物が内田裕也さんということですね!

内田裕也のロックに関するネットの反応!

やはり、内田裕也さんがどのような功績を残しているのかわかっている人が少ない印象ですね。

 

代表曲を思い浮かべられるようにしたいとは思いませんが、ロックを日本で広めロックに関われる場所を作ってくれたのが内田裕也さんということを伝えたいですね。

 

老害だった」と言っている人も一定数いました。

 

しかし、歳を取ってもロックバンドが活躍できる場所を提供して面倒を見ていた人が老害とは言えません。

 

また、ロックで頑張ろうとしていた人たちがツイートしている思い出話しが本当に感動的です。

面倒見も良かったのですね。

 

ロックでの功績を知らない人も多いのは仕方ないですが、この記事を読んでくれた人がわかってくれると嬉しいですね。

内田裕也のロックについてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

 

あまり功績を知られていませんが、こんなにも日本の音楽シーンに影響を与えた人物というのは少ないでしょう。

 

そんな人物が亡くなってしまったというのは本当に悲しいですね。

 

ロック界の神様のような立ち位置として今後も語り継がれて欲しいです!

(Visited 840 times, 1 visits today)

アーティストカテゴリの最新記事