【母親必見!】窓ガラスの手垢を綺麗に落としたい!たった4ステップで簡単に落とせます!

【母親必見!】窓ガラスの手垢を綺麗に落としたい!たった4ステップで簡単に落とせます!

窓ガラスやステンレス部分って手垢がつくとなかなか取れなくて困りますよね。
特に子どもがいる家庭だと様々な所に触れてしまい困るなんて声も聞こえてきそうです。

それに、水拭きをしても拭き跡が残ってむしろ見た目が悪くなるなんてことも。

実はこれ、たった4ステップで拭き跡も残さずに綺麗に落とせるのです!
窓ガラスやステンレス部分の手垢を吹き跡も残さずにピカピカにする方法をご紹介します。

今回は窓ガラスを例にご紹介しますね!

これを読んだ後にすぐに簡単に実践できますよ!

ステップ1 必要な道具を揃えよう!

まずはガラスを拭く前に必要な道具を揃える必要があります。
一つずつ紹介しますね!

ボンドバイフレッシャー(化学ぞうきん)


このタオルは普通のタオルと違いガラスやステンレス部分を拭くために作られたタオルです。
普通のタオルだとタオルの繊維が残ってしまいます。
しかし、このタオルは特殊な繊維が使われていますので繊維が残ることが全くありません。

その説明がある画像を貼っておきますね!

1枚でも効力を発揮しますが2枚あった方が断然キレイになります。
できれば2枚。最低1枚は必須ですよ!

バケツ


水を入れておくために必要なものですね。
このバケツは様々な大きさがありますが、タオルを注げるくらいの大きであれば特に問題ありません。

いちいち水道にまで行って濯いでも構いません。
ただ、時間を考えるとバケツがあったほうが断然便利なのであったほうが便利ですよ!

食器用洗剤


汚れがあまりにひどい時に使用します。
そこまで汚れがひどくないときは無くても大丈夫です。

普通に生活して入れば窓ガラスがそこまで汚れることがないと思うので念のためのご紹介です!笑

この3点が揃えば誰でも簡単に窓ガラスやステンレスをピカピカにすることが可能ですよ!

ステップ2 道具の準備をしよう

まずは、道具の準備をします。

私は少し古いタイプのボンドバイフレッシャーとキウイを買った時にもらえるバケツを使用しています。
バケツの3分の1くらいまで水を張っておいてくださいね。
この水は濯ぐ時に使用します。

ステップ3 水拭きで全体を拭こう!

水拭きで窓ガラス全体を拭きあげます。

まずはタオルを湿らせるのですがかなり固く絞ってください。
そうすることで拭き跡が残ることが少なくなります。

実際に拭くときは端までしっかりと拭くことを意識します。
↓この画像の矢印のようにタオルを端に沿わせながら拭きあげる必要があります。

端までしっかり拭かないと真ん中だけ綺麗で端が汚い窓になってしまいます。
その場合、せっかく綺麗にしようとしているのに逆に汚らしくなってしまうので注意してください。

↓一面が終わったらタオルがこんなにも汚れていることも!

その場合はしっかりとタオルの汚れを濯ぎましょう!

A さん
汚れたまま他の窓を拭いたらどうなるの?

B さん
他の窓に汚れを広げることになるので汚れが落ちにくくなるまたはもっと汚れますよ!

ステップ4 乾拭きで仕上げよう!

↓水拭きが終わったばかりでこのようにガラスが濡れていると思います。

この水滴が乾く前に乾拭きをしましょう。
ここで乾いてしまうと拭き跡が残ってしまい汚いことになってしまいます。

乾拭きの際も意識することは端まで綺麗に拭き上げることです。
また、乾拭きの時は水拭きの時よりも丁寧に行うことを意識しましょう。

今回ご紹介する中で一番重要なのはこの乾拭きです!
様々な角度から見て拭き残しがないか確認しましょう。

A さん
あ!拭き残しがある状態で水滴が乾いちゃった!
A さん
大丈夫!そんな時はまた水拭きをしてから乾拭きをすれば綺麗になるよ!

B さん
本当だ!キレイになった!

手垢落としについてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

たったこれだけで雨だれや手垢などが見違えるほど綺麗になります。
もし、1度でキレイにならなかった場合は何度も水拭きと乾拭きを繰り返して見てください!

これは家の中だけでなく、マンションの共用部やエレベーターのボタンなどにも使えるので覚えておいて損はないですよ!

あなたのお力になれていたら嬉しいです!!

(Visited 56 times, 1 visits today)