【衝撃!】橘学苑で教師120人が退職した理由は?小岩校長の経歴についても!

【衝撃!】橘学苑で教師120人が退職した理由は?小岩校長の経歴についても!

こんにちは!

 

横浜市にある中高一貫校、橘学苑で120人の職員が退職したことが話題になっています!

 

通っている学生も保護者もこんなにも多くの教師が退職すると心配になりますよね。

 

そこで、今回は橘学苑で大量の職員が退職した理由と小岩校長について調べました!

 

橘学苑で教師120人が退職!

報道の全文をこちらに転載します。

横浜市鶴見区の学校法人「橘学苑」が運営する中高一貫校で非正規雇用の教員が大量に退職していることを受け、県は来週にも実態調査に入る方針を示しました。

橘学苑によりますと、学苑では2013年度からの6年間に公立学校への採用決定や本人の希望で、非正規雇用の教員63人が退職したということです。改正労働契約法では有期雇用が5年を超えると無期に転換できる「無期雇用ルール」がありますが、一部報道で雇い止めがあったとされ、県は調査に入ることを決めました。tvkの取材に対し橘学苑は契約の段階で年数を提示している上、無期雇用転換を申請した人もいないとして、「雇い止めの事実はない」と回答。また、神奈川労働局による調査の結果、そうした事実はなかったと結論付けられたということです。学苑側は教員の入れ替わりで生徒に影響が出ないよう努めるとしています。

引用:Yahoo!ニュース「橘学苑非正規教員大量退職 県が調査へ」

有期雇用が5年を超えると無期雇用に転換できるのですが、その前に解雇する「雇い止め」があったのではないかという報道ですね。

 

学苑側は否定をしていますが、普通に退職したにしてはあまりにも多すぎます。

 

その為、神奈川県が週明けから調査に乗り込むようですね。

小岩校長が謝罪!

今回、橘学苑で大量の職員が退職したことを受けて校長である小岩校長が謝罪を行いました。

 

しかし、まともな説明がなかったのか保護者は学校側の対応が悪いとして批判する声が相次いでいます。

 

緊急の説明会では保護者から「全然納得できない!」「逃げるな!校長!」などの声が響いたとのこと。

 

 

保護者が納得するような説明をしていないということがこのエピソードからわかりますね。

 

雇い止めでは無いと主張しているのなら保護者が納得いくまで説明ができるはずです。

 

それを行えないということは言えない何かがあるということですね。

小岩校長の経歴は?

この小岩校長はどのような経歴があるのでしょうか。

 

簡単にまとめると

 

POINT

・東京理科大学理学部卒業

・明治大学附属中野中学・高等学校でキャリアを重ねる

・同中野八王子中学高等学校で教頭職へ

・2013年、日本学園中学校・高等学校で校長を着任

・2018年、橘学園の校長を務める

経歴を見ると順調にキャリアを重ねていったことがわかりますね。

 

下積みの時代を知っておきながら今回のような雇い止め疑惑が起きるというのは信じられません。

 

本当に雇い止めをしたのなら学生や職員のことを考えられない人になっているということですね。

 




 教師が120人も退職した理由は?

小岩校長は雇い止め疑惑を全面否定していますよね。

 

他にこんなに退職者を出す理由はあるのでしょうか。

 

 

雇い止め意外でこれだけの退職者を出す可能性を調べてみたのですが、経営難である以外見つかりませんでした。

 

経営難であるのなら事前に説明できるはずですよね。

 

経営難が原因で職員を切ることを続けていたのならどこかにお金が流れて職員を正規雇用にできるお金を確保できなかったということしか考えられません

 

どちらにしても批判の的になることは間違いないですね!

橘学苑の教師120人退職についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

 

橘学園の職員が6年間で120人近くもの人数が退職するというのは明らかにおかしいですね。

 

週明けに神奈川県が調査に乗り込むとのことなのでどのようなことがあったのか発覚するのは時間の問題でしょう。

 

早く真相が判明することを願います!

(Visited 7,511 times, 1 visits today)

ニュースカテゴリの最新記事