坂口憲二の難病はどこの病院で治療する?病名と治療法をまとめてみた!

坂口憲二の難病はどこの病院で治療する?病名と治療法をまとめてみた!

坂口憲二さんといえば数多くのドラマに出演していたのにも関わらずテレビで見る機会がすっかり減ってしまいましたね。

医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX [ 坂口憲二 ]

ダブルス〜二人の刑事【全5巻セット】 伊藤英明 坂口憲二【中古】全巻【邦画】

芸能界から干されたなんて噂が流れたりしていましたが、実際は難病を患っていること判明しました

難病を治療する為に芸能活動を休止することを4月1日に発表しましたね。

この難病は国が指定している病気であり、とても治療が難しい病気であるそうなのです。

坂口憲二さんの家族は心配であることに間違いはないでしょう。

坂口憲二さんの難病はどのような病気でありどこで治療するのかをまとめてみました!

是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク



坂口憲二の病名は「特発性大腿骨頭壊死症」

太ももの付け根、股関節にボールのような形をした骨である「大腿骨頭」に何らかの理由で血が巡らなくってしまい
組織が壊死していく病気です。

この壊死につながる症状がなぜ起きるのかが理解されていないのがこの病気。

また、最初の痛みが数週間で引くが次の痛みが発症した時には症状が進行しているというのがこの病気の怖いところです。

発生と発症の時間に数か月~数年の時間差があるのが怖い病気ですね。

気付いた時にはもう深刻化しているというのは考えただけでも怖いですね。

坂口憲二の難病はどこで治療する?

この難病を坂口さんはどこで治療を受けるのでしょうか。

国の指定された難病であることから名医がいたりこの難病の治療実績のある病院に通うことは間違いないでしょう。

しかし、具体的なメカニズムが解明されていない病気ですから実績がある病院も少ないのでしょう。

そこで東京近郊で坂口さんが通うと思われる病院を調べてみました!

まず候補として東京大学病院の整形外科が挙げられます。

「特発性大腿骨頭壊死症 治療」で調べると一番上に出てきますし、治療法について細かく紹介されています。

メカニズムがあまり改名されていないにも関わらず紹介しているというのは知識が豊富である証拠と言ってもいいでしょう。

日本でも有数の大学「東京大学」の整形外科であれば治療することはあり得ると思います。

その他には神奈川県にある「東海大学医学部付属病院」も考えられるでしょう。

この病院も東海大学といった名の知れた大学の病院であることと総合的な診療ができる病院であります。

坂口さんは芸能人でありファンも多いことから都内の病院は避けるかもしれません。

そういった場合、候補に挙がる病院でしょう。

2つの病院を候補に挙げましたが、杖をついた坂口さんが目撃されている病院は筑波大学付属病院ですのでこの病院で治療を続けるかもしれませんね。

坂口憲二の難病の症状とは?

坂口さんの難病は股関節の痛みが潜伏するような病気ですが痛みが無いことはないでしょう。

しかし、動かすと痛みが出たり痛みが引いたと思ったらまた激痛に襲われる病気なのではないでしょうか。

その時の症状によって治療法が変わるようですが、ほとんどの方が人工股関節に変えるようです。

いかがでしたでしょうか。

今回は坂口さんの難病の病名や症状、通うであろう病院についてなどについてまとめてみました。

どの様な治療をしてどこの病院に通うかはわかりませんがファンや周りの人が優しく見守り
いつの日か芸能界に戻ってきて欲しいですね。

もしかしたらすぐに新たな治療法が発見されることもあるかもしれませんね。

今はいち早く完治することを祈りましょう!

(Visited 126 times, 3 visits today)