【解説!】新元号での「令」と「和」の意味は?万葉集では「令月」と使用!

【解説!】新元号での「令」と「和」の意味は?万葉集では「令月」と使用!

5月1日に変わる元号は「令和」と発表されましたね!

 

元号が変わるというのは時代の節目であり、ここに立ち会えたことは本当に凄いことですよね。

 

この令和という文字の「和」は過去に19回も使用されています。

 

しかし、「令」は元号で初めて使用されています。

 

そこで今回はこの新元号「令和」について

・「令」の意味は何か

・「和」の意味は何か

・万葉集で使用されている「令月」の意味は何か

を紹介したいと思います!

 

「令」の意味は何?

「令」と聞くと「命令」を思いつく人がいるのではないでしょうか。

 

しかし、令には命令する意味以外にも

・清らかで美しい

・立派な

という日本らしい意味があることがわかりました。

 

この意味から聡明な人をイメージさせ、「人望のあるリーダー」という意味を持たせることができるということがわかっています。

 

もしかすると、日本を人望のあるリーダーにという意味が込められているのかもしれませんね!

 

 

令を使った言葉を紹介すると

皆令満足(カイリョウマンゾク):仏が慈悲の心で衆生の願いをすべて叶え、満足させること。

という意味があり、いい意味であることがわかりますね!!

 

令の漢字の成立ち

引用:漢字/漢和/語源辞典

「和」の意味は何?

「和」と聞くとやはり「平和」をイメージしますよね。

 

和の意味としてあるのは

・仲良くすること、互いに相手を大切に協力し合うこと

・争いをやめて仲直りすること

・調和のとれていること

・日本を意味する

「和」という意味は本当にいい意味が多いですよね。

 

しかも、「和食」や「大和」など日本を象徴する言葉としても使用されます!

 

このことから見ても日本が「和」という漢字を元号として19回も使用してきた意味がわかります。

 

 

聖徳太子もこの字を使用して十七条憲法で

和を以て貴しと為す:人々がお互いに仲良くすることが最も大事なこと。

という意味があり、平和を求める現代には本当に必要な言葉であることがわかりますね!

 

「和」の成立ち

引用:漢字/漢和/語源辞典

 




 

万葉集の「令月」の意味は?

新元号である令和は日本古典である万葉集から引用したということを発表されましたね。

 

その引用元というのが万葉集第5巻にある

初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す

この令月というのは「何をするにも良い月、めでたい月」という意味があります。

 

安倍首相がこの令和の意味について

安倍首相
人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つように

と語っていました。

 

令とは「何をするにも良い」という意味を表しているので新元号には本当に良い言葉であることがわかりますね!

 




 

令という漢字は「命令」を想像してしまいがちですが、このように見ると良い意味なのだということがわかります。

 

日本語は本当に奥が深いと感じさせられます!

令和の意味まとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

 

「令」と「和」のそれぞれの意味や万葉集で使われている「令月」の意味を調べたことによって

 

令和の本当に意味が垣間見れましたね。

 

新元号になるのは5月1日からですが、その前に本当の意味を知れて良かったと思いました!!

(Visited 75 times, 1 visits today)

ニュースカテゴリの最新記事