【悪質!】大阪吹田市でいじめを放置した理由は?加害者の親に罪はある?

【悪質!】大阪吹田市でいじめを放置した理由は?加害者の親に罪はある?

こんにちは!

 

 

大阪府吹田市の小学校で1年半もの期間いじめを放置されていたという報道がありました。

 

これは学校と市の教育委員会の対応が最悪なことを表しています。

 

今回は、何故いじめが放置されていたのかと加害者の親に罪があるのかどうかをご紹介します!

 

最近、親の虐待や無差別殺人など子ども関する事件が多いのが悲しいです。

 

関連記事:【衝撃!】登戸の通り魔事件が起きた場所は?犯人は誰?目的についても調査!

関連記事:【埼玉県狭山市】小6男児をトンカチで叩いた理由や目的は?犯人の顔や名前は?

 

大阪小学校のいじめ放置問題の概要!

大阪府吹田市の小学校に通う女児が、2015年秋から17年春、同級生からいじめを受け、骨折したりストレスから目が見えにくくなったりした と12日、市の調査委員会が発表した。女児は校内アンケートにいじめられていると訴えたが、学校は約1年半にわたって放置。保護者が被害を訴えた後も、市教委は第三者による調査を検討しなかった 。市教委は同日、責任を認め、謝罪した。

調査委によると、女児は現在5年生。1年生の秋から3年生になる前の春にかけ、同級生の男児5人からボールを再三ぶつけられたり、階段の踊り場で押されたりした。一部の男児は女児の家に押し入って2階まで追いかけたり、トイレに閉じ込めたりした。

女児は16年3月に左足を骨折し、17年3月には目が見えにくくなり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断された。 調査委はいずれも「いじめによるもの」と認定した。

16年、女児は学校生活を尋ねるアンケートに男児1人の名前を挙げて「けられた。なぐられた。おされた」と記したが、担任教員は深刻ないじめと思わず、女児への聞き取りや男児への指導をせず、管理職にも報告しなかった。

保護者は17年3月、学校側に被害を訴えたが、担任から「いじめは知らなかった」と説明された。 第三者委員会の設置も求めたが、学校が主体となって調べることが全容解明につながるとして、市教委は約4カ月にわたって放置。7月に教育委員に報告したところ、設置を促されたという。

いじめ防止対策推進法は、児童の生命、心身に重大な被害が生じたケースを「重大事態」と定め、学校の設置者による調査を義務づけている。調査委は「市教委は調査組織を立ち上げる義務を負っていたのに、検討を怠った」と結論づけた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000055-asahi-soci

ネットニュースの記事を引用しましたがこの報道を簡単にまとめると

いじめがあったのは15年~17年秋

女児は学校生活のアンケートにいじめられていると訴えても学校は放置

保護者が市の教育委員会に訴えるも第三者調査を設置せず

女児は『左足骨折』『目が見えにくくなる(PTSDと診断)』これらの被害に遭った

保護者が担任に学校側に被害を訴えても「いじめは知らなかった」と説明される

このようなことがわかりますね。

 

保護者も被害に遭った女児も行動したのに関わらず学校も市の教育委員会も全く動かなかったとうことがわかると思います。

 

本当に酷い話です。

 




なぜいじめを放置した?

被害に遭った女児は16年に、保護者は17年初めに被害を訴えていたのにも関わらず、なぜイジメを放置したのでしょうか。

 

それについて調べてみました。

 

①いじめがあると教師の評価を下げることになる

学校の教師にも一般企業の営業社員のようにノルマみたいなものがあります。

 

「管理目標」と呼ばれるものであり、これによって教師の評価が決められているのです。

 

 

管理目標の流れ
教師が自分の管理目標を決めて達成度を書類に書き込んで自己申告副校長先生が書類を評価

学年主任が書類の内容について聞き取りをして確認

校長先生が二次評価を下す

教育委員会が提出書類を元に評価を決める(給与や待遇が決まる)

 

 

これを読んでもらうとわかる通り、自分が持っている学級内にイジメがあると評価が悪くなって給与が下がる可能性があります。

 

それが嫌な教師がイジメを有耶無耶にして隠すようです。

 

 

今回の大阪府吹田市のイジメも同じように評価を下げない為に担任の先生が動かなかったのでしょう。

 

これに気付かない校長先生にも問題があると思われてしまう案件なので、逆に自分の評価を最悪にしてしまうことになりましたね。

 

この女児は怪我までさせられているのに評価のことだけを考えてイジメを無視するなんて最低な行為ですね。

 

②教師間の連携が取れていない

今回の吹田市のイジメ問題では担任の先生が学校に報告していなかったことがわかっているので、これに当てはまることは少ないでしょう。

 

多くの学校では担任の先生が自分だけで解決しようとしたり、校長や副校長に相談してもイジメを認めない学校があるそうです。

 

校長や副校長からすると学校の評価が自分たちの評価になるので否認するということなのでしょう。

 

 

これは本当に酷い話ですよね。

 

吹田市のイジメ問題では市の教育委員会に保護者が訴えても「学校側で解決するもの」として放置。

 

学校に事実確認することがなかったが為に女児は怪我や病気になってしまいました。

 

今回の件で教師間の連携だけでなく教育委員会と学校の連携が取れていないという問題点が浮き彫りになりました。

 




 

どちらにしても今回のイジメ否認問題は教育委員会と学校両方の責任ですね。

 

もしかすると、これは氷山の一角かもしれません

 

今後、このような報道が増える可能性があるでしょう。

 

そうなれば、教師の評価方法や教育委員会の在り方について考える必要が出てきます。

 

加害者の親には罪がある?

吹田市イジメ問題では加害者の男児が殴る・蹴る・トイレに閉じ込めるといったいじめを行った結果

 

被害者の女児は左足を骨折したり、目が見えにくくなってしまいました。

 

加害者である児童については以下のような法律を見つけました。

未成年者であっても、人に暴力を振るってケガをさせれば、傷害罪(刑法第204条「人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」)になります。ただし、刑法第41条は「14歳に満たない者の行為は、罰しない。」としていますので、子どもが13歳以下であれば、傷害罪として刑罰を受けることはありません。

 

しかし、以下の3つに当てはまる際は家庭裁判所で審判を受けることとされています。

① 犯罪を犯した少年(犯罪少年)

② 14歳に満たないで刑罰法令に触れる行為をした少年(触法少年)

③ 保護者の正当な監督に服しない性癖がある、正当な理由なく家庭に寄り付かない、犯罪性のある人や不道徳な人と交際したり、いかがわしい場所に出入りしている、自己または他人の特性を害する性癖があるような場合で、性格や環境に照らして、将来罪を犯したり、刑罰法令に触れる行為をする恐れのある少年(虞犯少年)

 

引用:http://www.kyoharu.com/shonen/faq/category1/page1.html

このことから見てわかる通り、加害者の男児にも逮捕される可能性がありそうです。

 

相手はまだ小学1年生と幼いことから刑事罰を直接与えることはないと思われます。

 

ただ、加害者の親は被害者の家族に慰謝料と治療費を払うことになるでしょう。

 

これは示談になるので金額はわかりませんが、治療が長引けば1000万円を超えることもありえそうですね。

 

どちらにしても親に責任がいくことは間違いないでしょう!

 




 

大阪市の小学校でのイジメ事件まとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

 

吹田市のイジメは学校と教育委員会のどちらとも何もしてあげられませんでした。

 

その結果、被害者の女児は心身共に傷つく結果になったのは本当に許しがたいです。

 

イジメに関しては大なり小なり耳に入った瞬間に事実確認をすることを教師の方々に徹底してほしいと思います。

 

忙しいと思いますが、それが子どもを守ることになるので優先してほしいですね。

 

関連記事:河野玄斗の妊娠中絶の相手は誰?ハニートラップの可能性も?

関連記事:ビートたけしが妻(幹子さん)と離婚した理由は?愛人と結婚?節税対策?

(Visited 3,688 times, 633 visits today)

ニュースカテゴリの最新記事