【大分県・玖珠町】18人が取り残された大谷渓谷の場所は?原因はなに?

【大分県・玖珠町】18人が取り残された大谷渓谷の場所は?原因はなに?

こんにちは!

 

大分県玖珠町にある大谷渓谷の近くでバーベキューしていたところ急激な増水で18人が動けなくなり取り残されました。

 

8月15日に救出されましたが半日ほど取り残されました。

 

今回は、18人もの人数が取り残された場所と原因についてご紹介します。

 

大谷渓谷で子供を含む18人が取り残される!

大分県玖珠町の渓谷でバーベキューをしていた子どもを含む18人が孤立状態になりました。

 

2019年8月15日の午前中に全員が救出されました。

 

↓この報道がされたネットニュースがこちら!

 台風による雨の影響で、大分県玖珠町の渓谷でバーベキューをしていた子どもを含む18人が14日から孤立状態となっていたが、先ほど全員が発見され無事に救助された。

警察などによると、一行は14日、大分県玖珠町にある大谷渓谷の近くでバーベキューをしていたところ、近くの奈女川が急激に増水したため、動けなくなったとみられている。雨などの影響で救助活動は一時中断されていたが、午前7時過ぎに再開され、先ほど全員救助されたということだ。

引用:Yahoo!ニュース『バーベキュー中に増水し孤立した18人全員を救助 大分』

 

↓救出された時の画像がこちら!

映像を見ると川の流れが激しいことが見て取れますよね。

 

これによる影響で孤立してしまったのでしょう。

 

お盆の時期にみんなで休みなどを合わせたのかもしれませんが、自然の怖さを舐めていけませんね。




場所はどこ?

報道の中で場所については大谷渓谷の近く と記載があります。

 

↓大谷渓谷の地図!

ツイッターで大谷渓谷について調べてみると四輪駆動の自動車で川に入って楽しむ場所になっていることがわかりました。

晴れた日などに車で来るのは楽しそうですね。

 

しかし、テレビでもインターネットでも台風10号への注意喚起がされていました。

 

雨量が増えれば増水することは必然です。

 

そんな中で決行したのは安易でしたね。

 

<最近の水難事故>

【沖縄・那覇市】6歳児が溺れたホテルの場所は?原因はホテルの責任なの?

【千葉県・勝浦市】40人が沖に流された海水浴場の場所は?流された時の対処法!

【埼玉県・熊谷】高校生が川に溺れた場所はどこ?原因がやばい!

原因はなに?

原因としては台風を甘く見ていたこと と言えますね。

 

ネットニュースにも「近くを流れる奈女川が急激に増水したため、動けなくなったとみられている」と記載がありますね。

 

 

恐らく、折角の休みなので川に大谷渓谷に行ってみたところ川の水量が多くないことで決行を決意。

 

バーベキューで楽しんでいる最中に川の水量が増えたことで移動ができなくなったのではないでしょうか。

 

子どもがいることもわかっていますし、安全第一で楽しんで欲しかったです。




ネットの反応!

ネットの反応
小さいお子さんもいたそうですから、助かって良かったです。台風接近を考えれば、自分たちの行為の安易さ、愚かさに気付き、子供の命を危険に晒したことを猛省してもらいたい。
救助に要した費用は、請求していい事案。線引きが難しいけど 
ネットの反応
台風が近づいて来ていて天気が悪くなるのは大人ならわかるはず。

過去にも川の中洲に取り残されて犠牲になった方々がいたと思います。

今回は無事だったみたいで何よりですが過去の事を振り返り「自分達は大丈夫」などと考えず
行動して欲しいですね

ネットの反応
助かって良かったですね、この時期に決行する事は反省しなければ成らないかと感じます。命を落としたら最後です。救助された方々には感謝です。
雨はその場所で降る訳では無い、上流で降った雨で増水する訳ですから、場所を本当に危険の無い所、直ぐに避難できるところで行うべきでしたね。 
ネットの反応
助かって何より。ただ、身勝手な行動でこうなったのなら
レスキューは有料でもいい気がする
ネットの反応
助かって良かった
是非、救助にかかった費用を請求してあげて下さい 
ネットの反応
こういう人に限って、子どもたちが楽しみにしていたから…とか、人のせいにしますよね。
自分たちが楽しみで、台風だろうがなんだろうがやりたいのだと思いますが。

仮に子どもたちからブーイングが起こっても止めるなり延期するなりしないと。
大人がこれだからなぁ。

しかも生後5ヶ月の赤ちゃんて…晴れてても連れていかないと思うけど。
そこまでしてしたいのかな。

大谷渓谷で18人が取り残される水難事故まとめ!

前々から計画をしていたのでしょうが、天候などを考慮する必要があったと思います。

 

この水難事故に対してはネットを中心に「助かってよかった」という意見と同じくらい「費用を請求した方が良い」という意見がありました。

 

救助する人はいますが、まずは自分で身の安全を守ることが大前提です。

 

天候などを考慮して安全に夏の思い出を作って欲しいですね!




(Visited 1,075 times, 15 visits today)

ニュースカテゴリの最新記事