【徹底調査!】岡村孝子が入院する病院はどこ?急性白血病の症状についてもご紹介!

【徹底調査!】岡村孝子が入院する病院はどこ?急性白血病の症状についてもご紹介!

こんにちは!

 

「待つわ」などのヒット曲を歌っていたシンガーソングライターの岡村孝子さんが急性白血病で長期療養することがわかりましたね。

 

あまりにも急な発表で驚いた人もいるのではないでしょうか。

 

今回は急性白血病の症状や岡村さんが入院するであろう病院について調査してみました!

 

岡村孝子のプロフィール!

 

 

名前:岡村 孝子(おかむら たかこ)

 

生年月日:1962年1月29日

 

年齢:57歳(2019年4月現在)

 

出身地:愛知県岡崎市

 

最終学歴:椙山女学園大学中退

 

デビュー年:1985年(ソロデビュー)

 

所属事務所:Cotton

 

どんな症状があるの?

岡村さんは急性白血病であることが公表されました。

 

その為、長期療養が必要になり今年の6月から行われる予定だったコンサートは中止になってしまいました。

 

体調が一番優先なので納得ですね。

 

 

この急逝白血病にはどのような症状があるのでしょうか。

 

調べてみたところ急性白血病の中にも様々な種類があることがわかりました。

急性骨髄性白血病は、病状の進行が速いため、急に症状が出現する場合が多く、早期の診断と速やかな治療の開始が重要です。

症状が起こる原因は大きく2つに分類され、骨髄で白血病細胞が増加することによって、造血機能が低下し、正常な血液細胞がつくれないために起こる症状と、白血病細胞が臓器に浸潤(しんじゅん)することで起こる症状があります(表1)。

表1 急性骨髄性白血病の主な症状
原因 主な症状
造血機能の障害 赤血球減少 (貧血)息切れ、動悸、倦怠感など
白血球減少 (感染)発熱など
血小板減少 (出血)あざ、赤い点状の出血斑、鼻血、歯ぐきからの出血など
白血病細胞が臓器に浸潤 肝臓や脾臓の腫れ お腹が張る、腹部の腫瘤・痛み
歯肉腫脹 歯ぐきの腫れ・痛み
骨痛 腰痛、関節痛
髄膜への浸潤 頭痛

引用:国立がん研究センター「急性骨髄白血病」

白血病の中でもどの種類に当てはまるかによって症状が異なるのでお医者さんとの話し合いが必要であるように思えますね。

 

最近では水泳選手の池江璃花子さんが白血病で入院することを発表して話題になりました。

 

岡村さんも白血病ということで本当に心配です。

池江璃花子の復帰時期はいつ?治療方法や症状についても!

入院する病院を予想!

岡村さんはヒット曲を歌っている有名歌手です。

 

ファンも多く帰りを待っている人も多いので実績のある病院で時間とお金をかけて療養することが考えられます。

 

岡村さんが入院する可能性のある病院について予想してみました。

 

※病院に直撃するようなことは絶対にしないでください!

候補①東京大学医学部附属病院

日本の中で超頭の良い大学として知られている東京大学の医学部付属病院です。

 

略して東大病院と呼ばれています!

 
この病院は天皇陛下を手術した実績もある特別な病院です。

 

その為、治療のための機材や設備も整っていますし他の病院から名医を呼んで東大病院で手術することも多いです!

 

そのことを踏まえてもこの病院で治療を行う可能性は高いですね。

候補②国立がん研究センター中央病院

がんを研究している病院なのでがん治療の最先端の治療を受けることができる病院です。

 

 
この病院はそれだけでなく、名医も行きたい病院ランキングのがん部門で1位か2位には必ず名を連ねています。

 

普段は治療する側の名医が自らががんになった時に治療を受けたいと思う病院が悪いはずがないですよね。

 

この病院は著名人が治療を受けるのにも最適なのではないでしょうか。

候補③がん研有明病院

この病院は有明という立地のためゴタゴタした雰囲気ではなく海に面した場所でゆっくりと治療に専念できる病院です。

良いのは立地だけでなくがん治療の最先端医療を受けることができます!

 

がん患者を治療し退院させた数が1位と確かな腕を持っている医者と設備が揃っています。

 




 

3つの病院を紹介しましたがこの中で可能性が一番高い病院は東京大学医学部附属病院 ではないでしょうか。

 

天皇陛下や多くの著名人を治療していたこともあるのでVIP対応というのに慣れていると思います。

 

東大病院の技術を使って治療を進めていると私は予想しています!

岡村孝子の病気についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

 

岡村孝子さんが急性白血病を発表したのには驚きましたね。

 

私は世代ではないのですが聞いたことのある歌ばかりなので本当にすごい歌手ということがわかります。

 

今は無理せず治療に専念したもらいたいです。

(Visited 454 times, 2 visits today)

アーティストカテゴリの最新記事