M-1グランプリ2018決勝大会の感想と優勝予想について!今年は波乱の年?

M-1グランプリ2018決勝大会の感想と優勝予想について!今年は波乱の年?

M-1グランプリと言えばお笑い(漫才)の優勝を決める大会ですよね!

12月になるとM-1グランプリの決勝大会を放送し、私たち視聴者注目を集めています。

視聴者だけでなくM-1グランプリで活躍した人たちが今のバラエティ番組でMCをしていたり、ガヤ芸人として活躍していたりと芸人にとっても今後の人生を賭ける大会になっていると言えますね!

 

そんなM-1グランプリ2018年の決勝大会の感想と優勝予想についてご紹介したいと思います!

 

M-1グランプリ2018の概要!

M-1グランプリの出場資格はコンビ結成から15年以内と決まっています。

なので、超ベテランの芸人には参加資格はなく若手が芸人として売れる登竜門の大会になっています。

 

決勝に進出できるのは1回戦〜準決勝を勝ち抜いてきた9組と準決勝で破れた敗者復活組の1組 計10組のみです!

 

その10組が当日に笑御籤(えみくじ)と呼ばれるクジで出た組からネタを披露するという形で行われます。

これは待機している芸人からするとドキドキですよね。

 

最初、10組が4分のネタを披露し審査員が得点をつけます。

その得点上位3組が再びネタを披露し、審査員の投票が一番多かった芸人が優勝となります。

 

優勝すると賞金1000万円をもらえ、冠番組が決まるという芸人にとっては今後の芸能生活に関わる大会になります!

M-1グランプリ2018決勝大会の出場組!

まずは今回の決勝進出した組についてご紹介しますね。

M-1グランプリ2018の決勝大会に出場した組は昨年より名が売れている芸人が少ないですが、実力者が多い印象です。

 

出場者一覧はこちら!

コンビ名

結成年

霜降り明星

2013

スーパーマラドーナ

2003

和牛

2006

ギャロップ

2003

トム・ブラウン

2009

見取り図

2007

かまいたち

2004

ゆにばーす

2013

ジャルジャル

2003

敗者復活勝ち上がり組

今年の注目はラストイヤー組と超実力派の対決です!

出場資格であるコンビ結成15年以内とあるので今年がラストイヤーになるジャルジャルギャロップ・スーパーマラドーナの3組は命を賭けるくらいの勢いでくると思います。

今年、優勝を逃すともう2度とM-1グランプリにこのコンビで出場ができなくなります。

それだけで相当強い気持ちで挑んでくるのがわかりますよね。

 

ジャルジャルはめちゃイケではつまらないなんて言われていました。

しかし、彼らのネタは独特の世界観を持っておりハマる人には相当にハマります!

(ジャルジャル)
 

ギャロップは無名ではありますが、喧嘩口調になる喋り漫才が得意なコンビです。

2009年には第39回NHK上方漫才コンテスト最優秀賞を受賞しており実力はあります!

(ギャロップ)
 

スーパーマラドーナはM-1が再開した2015年からずっと決勝大会に出場しています。

決勝ラウンドまでは上がれずあまり名が売れませんでしたが決勝に安定して出場するというのは実力のある証拠です!

しかし、今回はラストイヤーということでネタに工夫を加え今まで以上にスーマラらしさが増しています!

(スーパーマラドーナ)
 

この3組がどのような漫才をするかが非常に楽しみです!

 

また、昨年2位で終わってしまった和牛が今年も決勝大会に進出しています!

彼らは昨年、相当な笑いを取ったのにも関わらず準優勝となってしまいました。

その屈辱はM-1でしか晴らせないので気合いが入るに決まっています!

(和牛)
 

キングオブコントで優勝経験のあるかまいたちもこの大会にかける思いが非常に熱いはずです。

というのも、キングオブコントで優勝したのにも関わらずなかなか売れていません。

流石にコントと漫才で2冠となれば史上初ですし仕事が増えるでしょう!

間違いなく優勝候補に入ります。

(かまいたち)
 

しかし、 最後まで何があるかわからないのがM-1グランプリ!

2007年に優勝したサンドウィッチマンは当時全くの無名でした。

無名でも優勝できブレイクすることのできるチャンスがあるのがM-1グランプリです。

もしかすると全くの無名コンビが優勝してしまうかも。。。

 

今大会のM-1グランプリは波乱が起きそうな予感がしますね。

 

個人的には昨年準優勝に終わってしまった和牛に注目しています。

昨年の活躍を見た視聴者からの注目が集まっていますし、ネタに期待がされていると思います。

その期待を上回ることができれば優勝間違いないと思います!

 

和牛のネタがこちら!
https://www.youtube.com/watch?v=odFtnxP2nT4

M-1グランプリ2018敗者復活組について!

今大会の敗者復活組にも注目してみました。

今年の敗者復活枠も非常に実力がある組が多く残っています。

 

敗者復活組の中に昨年3位になった ミキがおり、彼らも昨年の屈辱を晴らそうと闘志をメラメラ燃やしています。

三四郎も有名なコンビですし、 さらば青春の光 アキナ ウエストランドも実力があります。

 

過去、サンドウィッチマンが敗者復活で決勝に勝ち上がり勢いそのままに優勝までしましたよね。

敗者復活から勝ち上がるとネタを1本行なった状態でできるので良い状態で決勝に挑むことができます。

もしかすると、今年は敗者復活から優勝するなんてことが起きるかもしれません!

 

この敗者復活枠も非常に注目です!

M-1グランプリ2018決勝大会の審査員について!

M-1グランプリで重要なのが審査員です!

審査員はお笑い好きの代表である為、公平な立場での審査をする人物である必要がありますよね。

 

今年の審査員は以下の通りです!

・松本人志

・オール巨人

・上沼恵美子

・立川談志

・中川礼二(中川家)

・塙宣之(ナイツ)

・富澤たけし(サンドウィッチマン)

 

昨年も審査員を行なった松本人志・オール巨人・上沼恵美子・中川礼二(中川家)

に加えて立川談志・塙宣之(ナイツ)・富澤たけし(サンドウィッチマン)

の7人で審査を行います!

 

この7人なのですが、3人(松本・上沼・礼二)が吉本でその他の4人が他の事務所に所属しています!

お笑いにおいてのレジェンドばかりなので贔屓するなんてことはあり得ないと思いますが、所属事務所をバラけさせて更に公平性を保ちましたね!

 

昨年の決勝大会で「もう2度と審査員をしたくない」と語っていた博多大吉さんは出ませんでしたね。

確かにこのショーレースで芸人の命運をかけていることになるので難しい審査は嫌になると思います。

 

今年初めて審査員をやる塙さん(ナイツ)と富澤さん(サンドウィッチマン)はネタ作りに凝っている人たちです。

そんな2人がどんな審査をするのかが非常に楽しみです!!

 

M-1グランプリ決勝大会についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

今年のM-1グランプリは腕のあるコンビが非常に多い気がします。

もしかすると、レベルの高い大会と言われていた昨年よりもハイレベルになるかもしれません!

 

誰が優勝してもおかしくない今年のM-1グランプリを楽しみましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

(Visited 376 times, 1 visits today)