【衝撃!】レオパレス21の施工不良を簡単に解説!株価が大暴落中?

【衝撃!】レオパレス21の施工不良を簡単に解説!株価が大暴落中?

レオパレス21といえば日本全国に物件を所有しており賃貸マンションや賃貸アパート、マンスリーマンションなどを経営している大手不動産会社ですよね。

多くの人が名前すら聞いたことがある超有名企業です!

そんなレオパレス21で施工不良があったことが大問題になっていますね。

この問題を受けて株価が大暴落しているのです!

今回は、レオパレス21の施工不良について簡単に解説し株価大暴落についても紹介します!

レオパレス21の施工不良について解説!

レオパレス21は建築基準法違反の疑いがあるアパートが最大で1,300棟もの数見つかったというのです!

1300棟というのは普通では考えられないほどの量ですよね。

一体、どのような建築法違反があったのかを項目に分けて解説していきますね!

建築にあった違反とは?

レオパレス21は昨年5月に「界壁」と呼ばれる部材が未設置なのが発覚していました。

これも許しがたいことではありますが、最近になって更に多くの違反が発覚したことで出し問題になっています。

その違反というのが「設計図とは違う断熱材を使用していた」「壁の遮音性が求められている基準に達していない」「耐火性を満たしていない外壁になっている」というのです。

これは完全に建築基準法を大きく逸しています。

ここまで逸していると手抜きをしているとしか思えないです。

 

そもそも、建築基準法が何故あるのかを調べてみると

この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定め て、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資するこ とを目的とする。

とあります。

レオパレス21が行なっていたのは国民の生命も健康も財産の保護も守られていませんよね。

住んでいる人からしたら本当に怖いことだと思います。

これでは何の為に建築基準法があるのかがわかっていないと考えられてもおかしくないですね。

↓今回の違反を示している画像

画像引用:テレ朝news「【報ステ】3月末までに退去要請 レオパレス21」

 

今回の違反項目を簡単にまとめるとこのようになります!

・設計図と同じ断熱材を使用していた

・界壁の遮音性が基準を満たしていない

・外壁の防火性が基準を満たしていない

違反の対象物件は?

違反に該当していた物件は1996年〜2001年に手がけていた物件です。

これは1都15県にあるゴールドレジデンスというタイプの建物でありその内641棟は特に危険性が高いと言われています。

該当する建物に住んでいる人には3月末までに引っ越すように要請しているというのです。

 

3月といえば新生活が始まる人が多いですし、引越し業者の繁忙期ですよね。

そんな中、「引っ越してくれ」と言われても部屋を探すのも大変ですし引越し業者を見つけるのにも苦労します。

全額レオパレス21が負担すると言っていますが、そんなのは当たり前です!

引っ越すように言われている人たちはレオパレス21以外の部屋と引越し業者を見つけるくらいのことをして欲しいと思っていることでしょう。

 

調べてみると元社員の人がこのような発言をしているのを見ました!

元社員
突貫工事で建てている。現在発覚しているのは氷山の一角に過ぎない。現場から声が上がっても上層部がもみ消している

もしかすると、これから引っ越さなければいけない人が増えるのかもしれません!

レオパレス21に住んでいる人は引越しを考えておいたほうが良いでしょう!

 

違反物件について簡単にまとめると

・今回発覚したのは1999年〜2001年に手がけていた物件

・1都15県にある「ゴールドレジデンス」シリーズ(特に危険なのは641棟)

・対象物件に住んでいる人は3月末までに引っ越さなければならない

・引越し費用はレオパレス21が負担




 

レオパレス21の株価が大暴落!

レオパレス21で沢山の建築基準法違反が発覚しましたね。

この影響でレオパレス21は住人に対して引越し費用を負担物件所有者であるオーナーには入居者が不在中の賃料を負担することを発表しています。

そして、補修工事を行うということで損失額が増えてしまいました。

19年3月期の連結最終損益を50億円〜70億円の赤字を見込んでいました。

今回の施工不良の影響があり380億円〜400億円の赤字に膨れ上がってしまいました。

 

これによって未定としていた株保有者の年間配当は無配当にすると発表しました。

レオパレス21の株保有者が売りを出していることで株価が大暴落しているようです。

 

住人やオーナーにだけでなく株主にも大迷惑をかけていますよね。

レオパレス21は会社として低迷の時を迎えることが必然と言えるでしょう!

レオパレス21の施工不良に対してのネットの反応!

レオパレス21の施工不良に対してネットではどのような反応があるのでしょうか。

レオパレス21の壁が薄いのは有名な話のようです。

しかし、まさか建築基準法を違反しているなんて思わないですよね。

ネットの反応も許せない!という意見が多いように感じました。

レオパレス21についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

レオパレス21の施工不良は本当に許せるものではないですよね。

このようなことが起きていたら株価が暴落するに決まっています!

今後、レオパレス21に住むのは怖いという印象がつくことになるでしょう。

もうレオパレス21は街から姿を消すかもしれませんね!

(Visited 138 times, 1 visits today)