【必読!】国家非常事態宣言とは何?トランプが宣言した理由も簡単に解説!

【必読!】国家非常事態宣言とは何?トランプが宣言した理由も簡単に解説!

トランプ大統領が国家非常事態宣言というものを発表しましたね。

 

このことに対して国家非常事態宣言って一体なんなのかわからない人もいるのでは無いでしょうか。

 

確かに日本ではあまり耳にすることのない言葉ですよね。

 

国家非常事態宣言とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

また、トランプ大統領が宣言した理由 についても簡単に解説していきます!

国家非常事態宣言ってなに?

この言葉をネットで検索するとこのように出てきます。

戦争・内乱・特別の災害などに際し、社会の公安・秩序が危殆(きたい)に瀕(ひん)するときに発せられる宣言。

引用:コトバンク「国家非常事態宣言」

これは国の安全などの危機に際した時に大統領が議会の承認を得ずに行える行政手続き のことを言います。

 

議会の承認を得る時間がない時に発令できるので国家の最終手段と言えるものです。

 

 

2001年の9.11同時多発テロの際や2011年ではアメリカでハリケーンが接近した時などに発令されました。

 

過去の発令を見てもわかる通り本当に緊急事態の時にしか発令されていません

国家非常事態宣言を発令するとどうなる?

では、国家非常事態宣言を発令されると一体どのようなことがあるのでしょうか。

 

以下のようなことが起きるとされています。

POINT・人の移動が制限される

・資産を取り上げられる

・海外に軍を派遣できる

このように様々な影響が国民に出てきてしまうのです。

 

実際、2011年に大型ハリケーンが接近した時はニューヨーク州に国家非常事態宣言を発令し地下鉄やバスが全面停止されました。

 

これは安全の為に公共交通機関を使用するのを停止しているのでわかりますね。

 

しかし、もし大統領が自分の権限を使用するために国家非常事態宣言を発令したらその国の国民は資産を取り上げられる可能性があります。

 

これでは国民にとっては本当に困りますよね。

 

実は、トランプ大統領の国家非常事態宣言が国民にとっては納得のいかないものかもしれないのです。

 

そのことについては次の項で紹介しますね!

 

 

国家非常事態宣言について簡単にまとめると

 

・国の安全の危機に際した時に発令される

・発令には議会の承認が必要ない

・発令すると多少なり国民へ影響がある

 

トランプ大統領が国家非常事態宣言をした理由は?

今、アメリカ合衆国で緊急事態が出ているようには感じられませんよね。

 

それなのにトランプ大統領は国家非常事態宣言を発令したのでしょうか。

 

 

トランプ大統領が大統領になる際にメキシコとアメリカの国境に壁を建設するということを公約に入れていたのを覚えている人もいるのではないでしょうか。

 

その公約を実現するのにも莫大なお金がかかりますよね。

 

トランプ大統領は壁を建設する為に予算として57億ドルを要求していました。

 

それなのにも関わらず予算案で議決されたのは14億ドル最初に求めていた金額の4分の1になってしまいました。

 

これだけの差が開いたことに対してトランプ大統領は不満を持っていたというのです!

 

その為、トランプ大統領は国家非常事態宣言を発令することで壁の建設を無理に進めようとしているのです。

 

今回の国家非常事態宣言で80ドルを壁の建設費用に充てようとしています。

 

もしかすると、これらのお金を国民から資産を取り上げたお金から賄おうとしているかもしれません!

 




 
 

前項でも書いていますが通常、国家非常事態宣言というのは国の安全問題に関する時に発令されるものですよね。

 

そこで、トランプ大統領はアメリカとメキシコの間に壁を建設しなければ不法入国や麻薬売買が行われる可能性があるのは国の危機だという名目で発令しました。

 

 

しかし、今回の国家非常事態宣言はトランプ大統領が権限を乱用しているようにしか感じられませんよね。

 

実際、これに対して野党が怒りを示しているということで今後裁判が開かれるかもしれないとのことです。

 

議決された予算案を承認するのは大統領の仕事です。

 

署名したのにも関わらず壁を無理に建設する為に大統領権限である国家非常事態宣言を発令したというのはアメリカ国民にとって許せない人もいるでしょう。

 

今後、このようなことが続けて起きればもっとアメリカ国民の不満が爆発するかもしれませんね。

 

 

トランプ大統領が国家非常事態宣言を発令した理由などを簡単にまとめると

POINT・大統領になる時の公約である国境の壁の建設を実現する

・壁建設の予算が要求していた額の4分の1になった

・予算に不満を抱いた為に国家非常事態宣言を発令した

・国家非常宣言で壁建設にかかる費用は80億ドル

・野党が怒りを示している→法的措置をとると発言している

国家非常事態宣言についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

国家非常事態宣言は本来であれば国の危機の際に発令されるものですが、トランプ大統領は自分の政約を守る為に発令しました。

 

これは権限を乱用しているとしか感じられませんね。

 

もしかするとアメリカ国民だけでなく世界から批判を受けることになるのではないかと思います。

 

今後、トランプ大統領が裁判を受けるのか注目ですね。

(Visited 260 times, 1 visits today)

ニュースカテゴリの最新記事