【この差って何ですか?】昆布が海で出汁を出さない理由を解説!生きているから!

【この差って何ですか?】昆布が海で出汁を出さない理由を解説!生きているから!




こんにちは!

 

毎週火曜日19時から放送の『この差って何ですか?』では様々な為になる情報を発信してくれていますよね。

 

2019年10月1日放送の予告編で昆布が海水で出汁を出さない理由についてテツandトモさんが歌っていました

 

↓2019年10月1日の予告動画!

そこで、今回は放送前に昆布が海で出汁を出さない理由を解説していきます!

 

『この差って何ですか?』の情報!

放送曜日 毎週火曜日
放送時間 19時〜
テレビ局 TBS系列
出演者 加藤浩次

川田裕美

土田晃之

上地雄輔

指原莉乃

ゲスト出演者(10月1日放送) 高橋真麻

礼二(中川家)

テツandトモ

火曜のよる7時に、世の中の様々な差に着目して、MCの加藤浩次と川田裕美が、なぜその差が生じているかを解き明かすバラエティ。
レギュラーパネラーの土田晃之、上地雄輔、準レギュラーの指原莉乃に加え、ゲストに中川家の礼二、高橋真麻を迎えて、賑やかにお送りする。

引用:http://www.tbs.co.jp/konosa/




昆布が海水で出汁を出さない理由は?

考えたことが無かったですが、言われてみると不思議ですよね。

 

日本食には欠かせない昆布だしですが、海でも出汁が出ていれば世界中の海が美味しくなってしまいますよね笑

 

 

予告編では、昆布が海水で出汁を出さない理由をテツandトモさんが歌っていました!

 

↓その歌の歌詞がこちら!

引用:YouTube

生きているから出汁が出ないというのは少し意味がわからないですね。

 

放送を見る前に知りたい人の為に次の項で解説して行きます!!




生きているとなぜ出汁を出せないの?

出汁の正体は『グルタミン酸』です!

 

グルタミン酸は昆布が生きていくのに必要な為に外に出すわけにはいきません。

 

そのグルタミン酸が外に流れ出ないように細胞膜が守っています。

 

 

しかし、昆布が死ぬことで細胞膜が破れてグルタミン酸が外に溶け出します。

 

それが出汁となるということです!

 

昆布は死んでいればグルタミン酸が溶け出しますが、乾燥していた方が細胞膜が壊れやすくなっています。

 

市販の昆布が乾燥しているのにはそういった理由があったのです!!

 

 

昆布が海で出汁を出さない理由を聞くと、私たちが食べている出汁も命をいただいているということがわかりますね!!

 

一つ一つ感謝して食べる必要がありますね♪

 

 

 

昆布が海で出汁を出さない理由についてまとめ!

昆布が海で出汁を出さない理由は「細胞膜が出汁(グルタミン酸)が外に出ないように守っている」からということがわかりましたね!

 

10月1日に放送の『この差って何ですか?』ではもっと詳しく解説してくれていると思います。

 

気になる人は是非チェックしましょう!!




(Visited 28 times, 1 visits today)

テレビカテゴリの最新記事