加山雄三の船の値段がスゴイ!火災出火の原因と取得した免許を調査!

加山雄三の船の値段がスゴイ!火災出火の原因と取得した免許を調査!

加山雄三さんが所有している船から出火し火災が起きているというニュースが出ていますね。

加山さんは所有している愛船(光進丸)の上で過ごすことが多いことで有名ですが、今回全焼の可能性が強いです。

そんな加山さんの船であるですが

加山さんの船は一体いくらするのか。


船が燃えてしまっている原因は何なのか。

気になっている人は多いのではないでしょうか。

調べてみたのでまとめてみました。

加山雄三の船の種類と値段は?

加山さんが所有している船の種類はクルーザーと呼ばれるものです。

24メートル(74フィート)でありかなり大きい船です!

このくらいの大きさで調べてみると
80フィートのクルーザーの中古価格が9980万円
でした。

加山さんは全て自分でデザインし、オーダーメイドの船を所有しているのですから1億円を超えることは間違いないと言っていいでしょう!

内装や積んでいるエンジンによっては10億円近くまでかかっていてもおかしくありません!

加山雄三の船から出火!原因とは?

↓この画像が加山さんの船が燃えている画像です!

出火原因はわかってはいませんが放火電気系統のトラブルもしくは設備点検補修時の不具合と言われています。

放火については放火と言え
る痕跡は今のところ出てきていません。

また、放火が行われるにしてもなぜ今のタイミングであるかもわかりかねますので放火の線は低いように思えます。

電気系統のトラブルに関しては多くの専門家がコレが原因であると言っているようですね。

電気系統から小さな出火が起きる

強風により日が強まる

大炎上

この流れが起きたのではないかとされています。

設備点検補修時の不具合、ミスが原因とみられていることもあるそうです。
普段、船を大切にしている加山さんですが毎日は見ていられないので船の管理を会社に任せていたそうです。

そこで、
不具合を直すために溶接などを行った際に熱が冷めずに発火した
のではないかと言われています。

私個人の見解としては電気系統のトラブルまたは設備点検補修時の可能性が高いように思えます!

スポンサーリンク



加山雄三はどの様な免許を持っている?

加山さんは自分の船を操縦するために以下の免許を持っています。

①1級小型船舶操縦士
②特殊小型船舶操縦士
③特定操縦免許
④5級海技士(航海科)
⑤救命講習修了
⑥消火講習修了
⑦航海英語講習修了
⑧レーダー観測者講習修了
⑨レーダー・自動衝突予防援助装置シミュレータ講習修了

1級小型船舶操縦士・・・この免許を持っていればヨットで世界1周が出来るなど船を所持する人が手に入れたい免許です!
この資格を持っていると離れて良い海里が無制限になる生粋の船乗りが持つしかくですね。

特殊小型船舶操縦士・・・水上ボートの免許です。国家資格でもあり実技、筆記の試験があるので難しいのにも関わらず加山さんは所有しています。
あの忙しい中どうやって取得したのか。
勉強法が気になりますね!

5級海技士(航海科)・・・乗船履歴が通算24カ月ないと取れない資格ですので加山さんはどのようにして取ったのか気になります。
海技能士というだけありとても難しい試験の様です。

少しかいつまんで紹介しましたが加山さんが持っている資格は船乗りにとって目指すべきであり、必要な資格の様です!

最後にまとめ!

いかがでしたでしょうか?

加山さんの持っている船は自分でカスタマイズしていただけありとても高価な船ということがわかりましたね。

そんなこだわりを持ち、大切にしていた船が燃えてしまったことで加山さんは非常に落ち込んでいると思います。

火災発覚後は470万する羽毛布団を涙で濡らしているかもしれませんね。

加山さんにとっては非常に残念なことでしたが、加山さん自身がこの炎に巻き込まれずに済んで家族は安心していることでしょう。

悲しい気持ちを乗り越え、これからも歌で日本中に元気を与えて欲しいですね。

(Visited 593 times, 2 visits today)