サッカー日本代表サウジアラビア戦の感想は?ネットの反応や評判も!

サッカー日本代表サウジアラビア戦の感想は?ネットの反応や評判も!

1月21日にアジア杯2019の決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと戦いましたね。

この試合も簡単には行かずに苦労していましたが、なんとか1−0で勝利することができました。

今回は、このサウジアラビア戦の感想とネットの反応をまとめてみました!

サッカー日本代表対サウジアラビアの感想!

試合序盤からサウジアラビアがハイプレッシャーに来ていたためか日本は思うようにボールをつなぐことができませんでした。

試合開始時は特にディフェンス陣も浮き足立っている印象が強く、ボール奪取をすることができませんでしたね。

10分を終えた頃から守備陣に落ち着きが見られましたが、前線の選手がボールをキープすることができず守備陣のライン形成は難しかったと思いますがそんな中、集中力を切らさずにしっかりと対応していました!

そんな中でもキャプテンである吉田選手を中心にオフサイドトラップを成功させたりと徐々に守備陣が活躍する場面が増えていきました。

なかなか攻撃がうまく行かなず、サウジアラビアペースの中獲得したコーナーキックから富安選手が点を取ることができたことで少し日本ペースになるのではないかと思いました。

しかし、サイドの選手が縦に推進力を持てずフォワードの選手も前でタメを作ることができないといった印象で日本ペースになることはなく、前半戦は攻め手を欠いたという印象が強かったです。

 

 

後半戦は1点ビハインドのサウジアラビアが更に攻勢に出てきましたが、相手フォワードに決定的な場面を作らせない対応力を見せた富安選手の活躍や競り負けない吉田選手の高さ、遠藤選手柴崎選手のカバーリングなど守備の固さを見れました。

その守備で頑張ったセカンドボールを前線の選手がキープできずに波状攻撃を受けましたが、守備の選手が非常に良い集中力を見せてくれたおかげで失点をすることはありませんでした。

公式戦である為、勝利が絶対条件でした。

その中、内容はあまり良いとは言えなくてもしっかりと勝ち上がることができたというのは森保ジャパンの強さかもしれませんね!

 

しかし、日本代表の攻撃陣の中で特に頑張りを見せていた武藤選手が次戦出場停止処分を受けてしまったことは大迫選手が怪我で試合に出れない中痛いですね。

それに加えて南野選手も点がなかなか取れない、堂安選手もパフォーマンスがパッとしません。

次戦はベトナムとサウジアラビアよりはレベルが少し下がるのではないかと思います。

その中でパフォーマンスをしっかりと上げられるのかが優勝の鍵になるのではないでしょうか。

 

ベトナム戦での勝利は絶対条件としてなかなかパフォーマンスが上がらない選手が活躍することを期待しています。

 

審判の感想

今回の試合は審判について触れないわけにはいきませんね笑

アジアの難しさは審判にあると言われている通り日本人の選手が体を少しぶつけただけで直ぐにファールになってしまっていました。

両サイドバックの長友選手と酒井選手はヨーロッパで活躍する選手です。

ヨーロッパでは全くファールにならないような当たりもアジアではファールになってしまい苦戦しているように感じます。

酒井選手は試合中に何度も怒りを露わにしていましたし、やりにくさを感じているようですね。

あれだけピッピピッピ吹いているからこそ「アジアの審判はレベルが低い」なんて言われるのかもしれませんね。

サッカー日本代表対サウジアラビアのネットの反応!

この試合はネットではどのような反応があるのでしょうか。

やはり、審判に対する批判がすごいですね!

誰がどう見ても良い審判とは言えないくらいでしたからね。

審判によって試合が左右されてしまっているのは良いとは言えないです!

サッカー日本代表対サウジアラビアまとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

勝手ながら感想を述べさせていただきました。

どんだけ苦戦をした印象だとしてもしっかりと勝ち上がるというのはすごいと思います!

次戦もしっかり買ってベスト4へ進出してもらいましょう!

 

頑張れ!サムライブルー!

(Visited 1,530 times, 1 visits today)