【訃報】ジャニー喜多川の死因は?病院はどこ?お別れ会の場所は?

【訃報】ジャニー喜多川の死因は?病院はどこ?お別れ会の場所は?

こんにちは!

 

先日、入院していると報道があったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が2019年7月9日に逝去いたしました。

 

年齢は87歳でした。

 

今回は、ジャニー喜多川社長の死因や病院、お別れ会は開かれるのかについて調査しました。

ジャニー喜多川が死去!

入院をしていたジャニー喜多川社長が亡くなってしまいました。

 

↓その報道がこちら!

ジャニーズ事務所の代表取締役社長であるジャニー喜多川が、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため、本日7月9日16:47に東京都内の病院で死去した。87歳だった。

これは本日、同事務所がマスコミに向けたFAXで発表したもの。ジャニーは6月18日11:30頃に自宅で体調の異変を訴え、病院に向かおうとしたところ意識を失い緊急搬送された。搬送後、集中治療室において救命措置が行われたことにより、一般病棟に移ることができ、所属タレントやジャニーズJr.と面会することが叶った。またジャニーの容態が危険な状態に陥った際、タレントたちが声をかけたり体をさすったりすることで、一時的に容態が回復することがあったという。

ジャニーは1962年にジャニーズ事務所を創業。以降、プロデューサーや演出家としてさまざまなエンタテインメントの創出に励んできた。通夜および告別式は、家族葬の形式で所属タレントやジャニーズJr.のみで執り行われる。なおお別れ会は後日開催される予定だ。

引用:https://natalie.mu/stage/news/339107

女性を中心にとても人気のあるジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川さんが亡くなってしまったことは本当に悲しいです。

 

87歳と高齢ではあったのでいつかは覚悟していましたが本当に驚きました。

死因は何?

ジャニー喜多川社長のの死因は入院した時の病気である解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血という事がわかっています。

 

緊急搬送されたものの体調が回復しなかったのでしょう。

 

87歳であることから体力的にも厳しかったと予想ができますね。




病院はどこ?

今回、亡くなってしまった病院は一体どこだったのでしょうか。

 

入院した際にも記事にしているのですが、搬送された病院として可能性が高かったのは「日赤病院」です!

 

しかし、この病院は噂が流れた時にジャニーズ所属のタレントの出待ちで病院前いファンが集まってしまっていました。

 

このことから他の病院に移っていた可能性が高いでしょう。

 

どこだとしてもジャニー喜多川さんほどの大物が入院していたのですから最善を尽くしたことは間違いないでしょう。

 

<関連記事>

【衝撃!】ジャニーさんが入院している病院は?くも膜下出血の症状は?

 




お別れ会の場所はどこ?

お別れ会が開かれる予定であるという事が発表されています。

 

しかし、時間や場所については発表されていません。

 

 

他の芸能人が亡くなってしまった際の多くは逝去後2ヶ月〜3ヶ月後に執り行われる事が多いようです。

 

場所についてはモンキーパンチさんのお別れ会も執り行われた青山葬儀所で行われる可能性が高いでしょう。

 

<関連記事>

【訃報】モンキーパンチをしのぶ会の開催日時と場所は?一般人も参列できる?

ジャニー喜多川の訃報まとめ!

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川さんが亡くなってしまったということは本当に悲しいですね。

 

お別れ会は執り行われているということなので続報を待ちましょう。

 

ジャニー喜多川さんのご冥福をお祈りしております。

(Visited 80 times, 1 visits today)

アーティストカテゴリの最新記事