【東京五輪】福島県の聖火リレーコースや日程を紹介!ランナーはだれ?

【東京五輪】福島県の聖火リレーコースや日程を紹介!ランナーはだれ?

こんにちは!

 

2020年の大イベントといえば東京オリンピックですよね!

 

その東京オリンピックに先駆けて行われるものといえば聖火リレーです!

 

東京オリンピックでは47都道府県を全て回ることが発表されています。

 

そこで、今回はスタートの地である福島県に絞って日程やコース、ランナーは誰なのかについてご紹介します!

 

福島県の聖火リレーの日程!

東京オリンピックは復興五輪という趣旨を反映することから福島県をスタートとすることが発表されました。

 

ギリシャ・オリンピアで採火式が行われた後、アテナの聖火引き継ぎ式を行われて日本に来ます。

 

福島で行われるまでの日程について表にまとめてみました!

場所 日程(2020年)
ギリシャ・オリンピア(採火式) 3月12日
ギリシャ国内 3月12日~19日
ギリシャ・アテネ(聖火引き継ぎ式) 3月19日
宮城県東松島市(聖火到着式) 3月20日
宮城県(聖火展示) 3月20日・21日
岩手県(聖火展示) 3月22日・23日
福島県(聖火展示) 3月24日・25日
福島県Jヴィレッジ 聖火リレースタート 3月26日
福島県 3月26日~28日

福島県でリレーが行われるのは2020年3月26日〜28日までの3日間 ですが、24日から2日間は聖火が展示されます

 

成果が福島県にあるのは5日間ということですね!

 

福島県で成果を見るためには展示されている時に行く、もしくはリレーを見ることになりそうです。

 

聖火を生で見れる機会はなかなかないので少しでもいいので見ておきたいですね!

コースはどこ?

コースを選定する際には以下の3点が基本的な考え方とされています。

POINT

できるだけ多くの人々が見に行けること

安全かつ確実に聖火リレーが実施できる場所

地域が国内外に誇る場所や地域の新たな一面を気付かせる場所

現在はスタート地点を「Jヴィレッジのグラウンド」ということが発表されたのみであり詳細なコースについては発表されていません。

 

そこで1964年に行われたコース参考にルートを予想してみました!

もちろんスタートはJヴィレッジにしています

 

↓1964年東京オリンピックの聖火リレーコース

引用:https://www.nhk.or.jp/tokyo2020/experience/fukushima/

 

 

↓1964年を参考に考案したコース

Jヴィレッジ→福島県庁→喜多方→会津若松→郡山→西郷村

 

西郷村から栃木県に入ると予想しました!

 

これでは3日間にしては短いのでもっと遠回りするかもしれませんね。

 

発表されるのは聖火リレー直前だと思いますが、どの様なルートになるのか非常に楽しみですね!




ランナーはだれ?

聖火ランナーは誰が走るのか注目が集まりますね。

 

ランナー選定の基本的な考え方として

 

POINT国籍、障がいの有無、性別、年齢のバランスに配慮しながら、幅広い分野から選定し、開かれたリレーとする

地域で活動している人を中心に選定

とされています!

 

このことから一般人へも聖火リレーを走るチャンスはあるのでしょう。

 

今回は、聖火リレーを走る可能性のある著名人をご紹介していきます。

 

 

・俳優

伊東美咲

梅沢富美男

佐藤B作

武田玲奈

西田敏行

なすび

 

・お笑い芸人

加藤茶

あばれる君

白鳥久美子

平子祐希(アルコ&ピース)

 

・スポーツ選手

高萩洋次郎(サッカー選手)

江川卓(元プロ野球選手)

 

・歌手

つのだ☆ひろ

片岡里菜

これらの人物が有力候補だと思われます。

 

個人的には加藤茶さんは日本を代表するお笑い芸人なので走るのでは無いかと思っています!

 

聖火リレーのランナーについてもこれから発表されていくでしょう!

 

どんな著名人が走るのかにも注目したいですね!

【東京五輪】福島県の聖火リレーまとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

 

福島県の聖火リレーの日程とコース、ランナーについてご紹介しました!

 

これから詳細がどんどん発表されていくことでしょう。

 

東京オリンピックが始まると思うとワクワクしますね!

(Visited 64 times, 1 visits today)

【限定】東京五輪カテゴリの最新記事