【大炎上】羽生結弦の世界選手権後の発言が不謹慎で失礼!ネットの反応も!

【大炎上】羽生結弦の世界選手権後の発言が不謹慎で失礼!ネットの反応も!

フィギアスケートの世界選手権が行われましたね。

 

優勝はネイサンチェン選手で優勝が期待されていた羽生選手は2位という結果になってしましました。

 

優勝が期待されてただけに非常に残念でした。

 

実は、試合後の羽生結弦選手の発言がネットで大炎上を起こしていました!

 

今回は、その発言の内容と炎上した理由についてご紹介します!

 

羽生結弦のプロフィール!

名前:羽生 結弦(はにゅう ゆづる)

 

愛称:ゆづ君

 

生年月日:1994年12月4日

 

年齢:24歳(2019年3月現在)

 

出身地:宮城県仙台市泉区

 

好きなもの:くまのプーさん

羽生結弦のインタビューでの発言!

羽生選手が試合後に話した内容で炎上が起きています!

 

↓その動画についてはこちら!

https://twitter.com/Licht0000/status/1109433555484971013

「負けには負けという意味しかないので。

ハッキリ言って自分にとっては負けは死も同然だと思っているので。」

羽生選手の悔しさや勝負へのこだわりを感じる発言ですよね。

 

しかし、この発言でネットでは大炎上をしました。

 

また、羽生選手擁護派と批判派に別れて討論が行われていたのです!

羽生結弦の発言でプチ炎上した理由は?

羽生選手の「負けは死も同然」という発言が批判の的になっています。

 

その理由というのを簡単にまとめると

POINT・被災者を代表する立ち位置にいる人がして良い発言ではない

・他の出場者や今まで羽生選手に敗れた選手に失礼

・デニス・テン選手のことを考えていない

 

これらの意見がとても多いように感じますね。

 

それぞれについて解説します!

 

被災者を代表する立ち位置にいる人がして良い発言ではない

羽生選手の出身地は宮城県であり、東日本大震災が起きた時は高校1年生でした。

 

しかも、羽生選手は地震が起きた時はアイスリンクに立っており自分も怖い経験をした人物です。

 

平昌オリンピックの時には被災地の方々に感謝の気持ちを伝えるなど被災してしまった人の代表として活躍をしていました。

 

それなのにも関わらず、震災を経験した羽生選手が「死」という言葉を軽々しく口にすることに多くの人が嫌悪感を示しました。

 

この発言は羽生選手が死を軽視した訳ではなく自分を戒める発言だったのは全員に伝わっていると思います。

 

しかし、実際に被災して怖い思いをした人にとっては嫌な気持ちになる発言なのは間違いありませんね。

 

比喩として使用するなら他の表現にしてもらいたかったです。

 

他の出場者や今まで羽生選手に敗れた選手に失礼

羽生選手の発言だけの意味をそのまま取ると

羽生選手
自分より下の負けた選手も死と同然

と同じ意味になってしまいますね。

 

もちろん、羽生選手は自分の勝負へのこだわりというのを表現したかった ことはわかります。

 

しかし、勝負の世界では優勝した人以外は敗者になるのでその人たち全員に対してとても失礼な発言です。

 

羽生選手はとても美しいフィギアスケートをするのは皆知っていますし、競技者としても強いことはわかります。

 

だからこそ他の選手への配慮もして欲しいですね。

デニス・テン選手のことを考えていない

デニス選手というのはカザフスタンの英雄として国内でとても人気のある選手でした。

 

カザフスタン国内では英雄です。

 

しかし、2018年7月に自家用車のミラーを盗もうとした男二人組にナイフで刺され殺害されてしまうという悲劇がありました。

 

このことはフィギアスケートのファンやフィギアの競技者なら知っているはずです。

 

今回の羽生選手の発言というのはこのデニス選手へも失礼な発言だということが言われています。

 

同じ競技で戦っていた者同士としてあまりにも配慮が足りないなと私も思います。

 

デニス選手の事件のことは羽生選手も知っていると思いますし、このような発言はデニス選手のことを考えればできるはずがありません。

 




 

以前、高校野球で負けた学校の監督は「腹を切りたい」という発言で問題になりましたよね。

 

羽生選手のこの発言も死という言葉を軽はずみに使用しており、撤回して欲しいですね。

 

それに、最近スポーツ界では水泳の池江璃花子選手が白血病で闘病していることも話題になりました。

 

今一生懸命病気と戦っている人たちにも失礼な発言だと思います。

 

羽生結弦のインタビュー対するネットの反応!

ネットは羽生選手の発言の擁護派と否定派で綺麗に分かれています。

・擁護派

https://twitter.com/sako3080/status/1109442704419643392

 

 

・否定派

 

否定派意見の方が多いように感じます。

 

今回の発言に関して今までファンだった人も嫌悪感を示している人もいました。

 

死という言葉はそれだけ重く受け止めているということですね。

羽生結弦の炎上についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

 

羽生選手の命を比喩として出すのはやはり良くないですね。

 

ただ、競技の後にすぐインタビューに答えるので失言というのはあると思います。

 

フィギア界でも日本でも命について考えることが多かっただけにすぐに撤回して謝罪して欲しいです。

 

羽生選手の勝負への覚悟はすでに伝わっているので、人への配慮もしてもらいたいものです。

(Visited 1,544 times, 1 visits today)

スポーツ選手カテゴリの最新記事