後藤哲夫が入院していた病院はどこ?病名や症状についても紹介!

後藤哲夫が入院していた病院はどこ?病名や症状についても紹介!

後藤さんといえば有名な声優で数多くの作品の声を担当していました。
特に有名なキャラクターと言えばONE PIECEに出てくるハンニャバルですね。

そんな後藤さんですが、11月8日に68歳で亡くなったという訃報が所属事務所の円企画を通して報道されました。

どこの病院で亡くなり、どのような病名だったのでしょうか。
今回は後藤さんが息を引き取った病院や病名についてご紹介します。

後藤哲夫の病名は?

報道でもある通り食道ガンにより亡くなってしまいました。
食道ガンは5年生存率がステージことに異なりますが、ステージ4になると12%程と非常に低くなっているようです。

もしかすると、後藤さんはすでにステージが高かったのかもしれませんね。

後藤哲夫が入院していた病院は?

最後に息を引き取った病院はどこなのか調べてみました。
後藤さんは数多くの作品で声を出しており、忙しい毎日であり事務所が新宿にある為東京に住んでいたと思います。

また、後藤さんほどの大物声優が小さい病院に入院することは考えにくいですよね。
そこで今回の病名である「食道がん」を参考に入院していたであろう病院を調べてみました。

ガン治療を専門に行う病院としては都内に
ガン研究 有明病院
がん・感染症センター 駒込病院

消化器系の病院としては
順天堂大学医学部附属 順天堂大学病院

が有名のようですね。

私はこの中で特に消化器系の病院として有名な順天堂大学医学部附属 順天堂大学病院に入院していたのではないかと予想しています

というのもこの病院は食道ガンの手術件数が多いのと同時に手術をしない治療も数多く行なっているようです!
食道ガンの病院ランキングより抜粋したランキングです!(小さければアップしてください!)

これだけでもこの病院に入院したのではないかと予想できますよね。
また、それだけでなくこの病院は順天堂大学の附属病院のため様々な分野のお医者さんと連携して治療を行うことが可能です。

↓順天堂大学医学部附属 順天堂大学病院の診療科

これだけの診療科が揃っていれば様々な分野からケアすることが可能ですよね!
声優にとって重要な声を守る上でも大切なことだったと思います。

後藤哲夫の病気の症状は?

後藤さんが患った病気は「食道ガン」であることがわかりましたよね。
この病気の症状はどのようなものなのか調べました。

・食べ物を飲み込んだときに食道や胸がチクチクと痛む
・食べ物がつかえる感じがする
・咳、痰がよく出る
・声がかすれる

などの症状が現れるようです。

特に食べ物がつかえる感じがした時にはガンが非常に大きくなってしまっており深刻化している時です。

後藤さんは声優という喉を使う職業だった為、違和感に気づいていたのかもしれません。
しかし、人気キャラクターの声優を行なっていた人物である為自分にムチを打った為に発見が遅くなってしまったのではないでしょうか。

どちらにしてもいつものように喉が使えなくなっていくのを感じた後藤さんは辛かったと思います。

後藤哲夫についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

後藤さんは消化器系である食道にガンを患ってしまった為に亡くなってしまいました。
声を出すことを生業にしていた後藤さんにとって喉が使えなくなっていくのは悲しいことだと思いますし焦りがあったと思います。

その間、声が出なくなる不安に襲われていたと思います。

後藤さんのご冥福をお祈りしております。

(Visited 74 times, 1 visits today)