カルロスゴーンの年収や自宅がすごい!Mr.ビーンと激似でトレンド入り!

カルロスゴーンの年収や自宅がすごい!Mr.ビーンと激似でトレンド入り!

日産の代表取締役会長で有り、日産を救った人物であるカルロスゴーン氏が自分の報酬を下方修正していたとして金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕されましたね。

この事件は日本だけでなくゴーン容疑者がトップを務めるルノーの本社があるフランスでも大きく報道されました。

ゴーン容疑者がもらっていたという年収を調べてみると驚愕の年収だったのです!
そんな年収をもらっていることからもすごい家に住んでいることもわかりました。

今回は、トレンド入りしているMr.ビーンとの激似説と一緒にご紹介します。

ゴーン容疑者の経歴!

 


名前:カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)
生年月日:1954年3月9日
年齢:64歳
出身地:ブラジル、ポルト・ベリーニョ
国籍:ブラジル、フランス、レバノン
出身校:パリ国立高等鉱業学校>

 

ゴーン容疑者の両親はレバノン人でありながらブラジルで誕生し幼少期を過ごし、中等教育からはレバノンに移り住みます。
そして、大学よりも高度な職業人を育成してくれるパリ国立高等鉱業学校に進学しました。

このパリ国立高等鉱業学校という学校について調べてみると数学者や科学者を多く輩出していることからも非常に優秀な教育機関ということがわかりました!

そんな高度な教育を受けたゴーン容疑者は卒業後にフランスの大手タイヤ会社であるミシュランに就職し18年間働きます。
このミシュランとはみなさんがご存知のミシュランガイドを発行しているあのミシュランです!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミシュランガイド東京2019
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/11/24時点)

 

楽天で購入

 

 

そして、その実力が認められたゴーン容疑者はフランスの大手自動車メーカーであるルノーから副社長として声がかかり、その座に着きました。

1993年にルノーと資本提携した日産が経営難に陥っていることから同年の6月からルノーのポジションはそのままに日産自動車の最高執行責任者(COO)に就任します。
経営難だった日産を見事に再建させたことで代表取締役社長、代表取締役会長とステップアップを果たしました。

最終的にはルノー・日産アライアンスの会長兼最高経営責任者(CEO)に就任するというルノーと日産の一番手になります。

ミシュランからルノー、そして日産へと自動車業界を牽引してきたのは言うまでもありませんね。
それもレバノン、ブラジル、フランスと多重国籍でありながら5ヶ国語(アラビア語、フランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語)を話せるというのも強かったかもしれませんね。

ここまで華々しい人生を送ってきたであろうゴーン容疑者が2018年11月19日に事件を起こしてしまいます。

その事件の概要については次で簡単にまとめています!

ゴーン容疑者に関する今回の報道を簡単にまとめてみた!

ゴーン容疑者が起こした事件についての報道を簡単にまとめてみました!
今回の報道を知っている人は読み飛ばしてください!!

・カルロス・ゴーン代表取締役会長が自らの報酬を過少に修正した。
・ゴーン氏とグレッグ・ケリー代表取締役が修正していると内部からの通報があった
・2015年6月までに計約99億円9,800万円を計約49億8,700万円と虚偽の有価証券報告書を提出していた。
・会社の資金を私的に使用していたなど重大な不正行為があった。

大企業の代表である人がやるべきでない不正行為なのがわかりますよね。
ゴーン容疑者は経営難であった日産自動車を救った人物として知られていますが、その手法というのが強引なコストカットでした。

結果的に見事再建させているので素晴らしい実績を残していますが、ワンマン経営だと感じている人もいたと思うので不正は絶対してはいけませんでしたね。
結果的に日産自動車に泥を塗る様な形になってしまいました。

ゴーン容疑者の年収は?

ゴーン容疑者はいくらくらいの年収をもらっていたのでしょうか。

調べてみたところ、日産・ルノー・三菱自動車から報酬をもらっていたことがわかりました。
その額というのが約20億円だというのです!

内訳としては
日産:7億4,000万円
ルノー:740万ユーロ(9億5,300万円)
三菱自動車:2億3,000万円

どの企業からも高額な報酬をもらっていますよね。
それでも過少に修正するのは税金を取られたくなかったからかもしれませんね。

調べてみたところ、現在の税率は45%なので約半分が税金として持って行かれます。
それを避けたいが為に虚偽報告したのでしょう。

確かに税金として持って行かれたくない気持ちはわかりますが、その様なことをやってはブランドのイメージを傷つけることは少し考えればわかったと思います。

超実力者でもお金は人をダメにしてしまうのですね。

ゴーン容疑者の家はここだ!

約20億もの年収をもらっていたゴーン容疑者の家は一体どこにあるのでしょうか。
調べてみたところ、港区の超高級タワーマンションに住んでいるのではないかといった情報がありました。

そこで、ゴーン容疑者が住んでいるであろう家について調べてみました。

六本木ヒルズレジデンス


大富豪といえば六本木ヒルズの印象は強いですよね。
特にこの六本木ヒルズレジデンスは近くに商業施設もあります。

また、中にはコンシェルジュやドアマン、慈恵医大病院と提携しておりバイリンガルの看護師が24時間いるという健康相談室というものがあります。
この他にも富豪だけが受けられる様な恩恵が沢山あります!

この六本木ヒルズレジデンスの家賃というのがわかる範囲だけで92万円です!
これ以上の値段の部屋については出てこなかったのですが、恐らく500万円以上すると言われています。

ここならゴーン容疑者が住んでいる可能性がたかそうですね。

元麻布ヒルズフォレストタワー

画像をみてもらうとインパクトがあるマンションというのがわかりますよね。
このマンションはデザイナーである
立地も素晴らしく麻布十番の近くにありながら閑静な住宅街にあります。

このマンションというのが地下1階に高級レストランがあったり、フィットネスルームがあったりと最高級なおもてなしを受けられるマンションです。
また、渡辺直美や佐々木希など芸能人も数多く住んでいるという情報もあります。

それだけ多くの人に愛されているマンションに住んでいるということも考えられると思います。

元麻布フォレストタワーの家賃は140万円〜480万円ほどです。
家賃を考えてもこのマンションに住んでいる可能性もありそうですね。

実際にどのマンションに住んでいるかはわかりませんでしたが、紹介した2つのマンションは2002年ごろに入居が開始されています。
そうなるとゴーン容疑者が日産の責任者になった頃と同じくらいになるので可能性としては高いのではないかと思います。

ゴーン容疑者がMr.ビーンに激似?

ゴーン容疑者が逮捕された時にMr.ビーンがトレンド入りしていました!
新作映画を行うわけでもないのにトレンド入りするというのは不思議ですよね。

結果から言うと
ゴーン容疑者がMr.ビーンに似ているから
した!

実際に画像を見比べてみましょう!

↓ゴーン容疑者

↓Mr.ビーン

確かにそっくりです笑
2人の画像が一緒になっている画像も載せておきますね!

こうやって並べてみると確かにどちらがゴーン容疑者かわからなくなりますね。

日産という日本を代表する会社の1つが不祥事を起こしても日本人は面白おかしいことが話題にする!
これはいい国民性なのかもしれませんね←わら

ゴーン容疑者についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

経営難の日産を再建した手腕は非常にすごいですよね!
しかし、その分欲が強くてワンマンプレーな人物だったのかもしれませんね。

その傲慢な性格が今回の事件を招いたのでしょう。

お金に溺れるということは非常に怖いですね。

最後までご覧いただきありがとうございます!

(Visited 767 times, 1 visits today)