芦田淳が亡くなった病名や症状は?入院していた病院についても予想!

芦田淳が亡くなった病名や症状は?入院していた病院についても予想!

芦田淳さんといえば世界的なデザイナーであり様々なものをデザインしてきました。

そんな芦田さんが2018年10月22日に亡くなったと報道がありましたね。

亡くなった病名は何なのでしょうか。
また、芦田さんが亡くなった病院はどこなのでしょうか。

実績やデザイン作品などに関してもご紹介します!

芦田淳ってどんな人?


名前:芦田淳(あしだじゅん)
生年月日:1930年8月21日
享年:88歳
出身:日本統治時代の朝鮮全羅北道全州
職業:ファッションデザイナー

芦田淳が亡くなった病名はや症状は?

芦田さんが亡くなったのは報道にもあった通り肺炎でしょう。

肺炎は本当に多くの人を苦しめています。
この病気で亡くなる人は年間で12万人と言われており、その内の95パーセント以上が65歳以上の高齢者です。

88歳という年齢であった芦田さんはこの肺炎に体が勝てなかったのはわかりますよね。

肺炎の症状は?

肺炎は風邪に似た症状が多く、発見が遅くなることが多いそうです。
主に
・胸にするどい痛み
・熱
・悪寒
・息切れ
・せき
・全身のだるさ

があります。

確かにこれだけ見ると風邪にそっくりですよね。

しかし、肺炎は風邪と違って38度以上の高熱が長く続くことが多いそうです。

38度になっただけでも辛いのに芦田さんは88歳で38度以上の熱が長く続いたのだとしたら相当辛かったと思います。

芦田淳が亡くなった病院とは?

芦田さんが亡くなった病院について調べてみました。

報道では病院名に関して明かされていないのですが、芦田さんが代表取締役を勤めているジュン・アシダの本社が目黒にありますので東京都内に住んでいると思われます。

芦田さんほどの大物が一等地以外に住んでいることは考えにくいですよね。
東京都内の一等地で考えると港区か世田谷区が当てはまるのではないかと思います。

その辺りで大きい病院を調べてみました。
港区では、東京都済生会中央病院・東京慈恵会医科大学附属病院・東京大学医科学研究所附属病院
世田谷区では、東邦大学医療センター大橋病院が比較的大きい病院です!

私は東京大学医科学研究所附属病院だと予想しています。

というのもこの大学は日本で一番頭の良いとされている大学である東京大学の病院です。

東京大学というブランドを傷つけないためにも医者としてのスキルがある人しかいないでしょう。
芦田さんほどの大物が入院する病院としては一番可能性が高いです!

※詳細がわかりましたら追記していきます

追記

病院ではなく自宅で亡くなったということが判明しました!
報道を見る限りでは「都内の自宅」ということがわかりました。
都内の自宅は一体どこにあるのか気になるので調べて行こうと思います!

芦田淳についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

芦田さんが患っていた肺炎は風邪に症状が近いながらも亡くなる人が多いというのがわかりましたね。

世界に誇れるデザイナーが亡くなったことは日本にとって大きな痛手ですね。
しかし、芦田さんが残してくれたデザインの数々はこれからも残り続けると思います。

芦田淳さんのご冥福をお祈りしております。

(Visited 95 times, 1 visits today)