【解説】アポ電強盗が逮捕された場所と理由は?刑罰が重い可能性大!

【解説】アポ電強盗が逮捕された場所と理由は?刑罰が重い可能性大!

アポ電強盗といえば家にお金があるか等の確認を行った後に住人を縛り、金品を盗むといった犯行ですよね。

 

このアポ電強盗は新宿区で2件の犯行、そして江東区で殺人を犯すといった極悪非道の犯行を犯した事件のことを言います。

 

今回は、このアポ電強盗の犯人が一体、どこで逮捕され何故犯人がわかったかについてご紹介します。

 

また、これから裁かれるであろう刑罰についてもご紹介しますね!

 

アポ電強盗に関する記事についてはコチラ!

・アポ電強盗の人物像などについて調査!

アポ電強盗の犯人が捕まった場所は?

アポ電強盗が捕まった場所がわかればどこに潜んでいたのかがわかりますよね。

https://twitter.com/metal_emi/status/1105777807957745664

この画像を見てわかると思いますが、容疑者を乗せた車というのが「東京 深川警察署」とあります。

 

↓深川の場所!
これを見てわかる通り深川というのは東京都江東区内にあります。

 

殺人事件を犯していたのも江東区なのでアポ電強盗の容疑者である3人は江東区で隠れていたということがわかりますね。

 

恐らく、この3人は殺人を犯すつもりはないのにも関わらず犯行を犯してしまい怖くなって江東区内に潜んでいたという可能性が非常に高いです。

 

事実、江東区の時は金品を盗んでいませんでしたので相当焦っていたのでしょう。

アポ電強盗の犯人がわかった理由は?

日本の警察はどうしてアポ電強盗の容疑者の人物像や潜伏場所がわかったのでしょうか。

 

最後に犯行を及んだ江東区のマンションでは監視カメラに3人の姿と車の映像が写っていたということがわかっています。

この映像は渋谷区での犯行の際の映像ですが、ここまではっきり写っていれば日本の警察は特徴や背格好などは把握できる技術があるということですね。

 




 
また、映像はなかったのですが江東区の犯行の時には車のナンバーや車種までもはっきりとカメラに捉えられていました。

 

恐らく、警察はこの他にも様々な監視カメラの映像を確認してある程度の場所は把握していたのかもしれません。

 

勤勉で真面目な性格の日本の警察から逃げることはほとんど不可能ということがわかりますね。

 

警察は江東区に潜伏しているのはわかっていましたが、あえて報道を制限することで江東区からでれなくしたという可能性もあります。

 

こう考えると本当にすごいですよね!

アポ電強盗の刑罰は何になるの?

逮捕されたということを受けてネットでは極刑を求める声がとても多くありました。

 

調べてみると強盗致死傷罪に当たる可能性があります。

強盗致死傷罪(ごうとうちししょうざい)は刑法240条で定められた罪。「強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。」と規定されている。236条の強盗罪の加重類型である。未遂も処罰される(243条)

今回のアポ電強盗は金品を盗めてはいませんが、盗む意思はあったということは明白ですね。

 

このことから極刑または無期懲役は免れないのではないでしょうか。

 

アポ電強盗逮捕についてのネットの反応!

https://twitter.com/kannshakunn/status/1105778706511876098

アポ電強盗が逮捕されたことで日本の警察を称えるようなコメントが非常に多いように感じます。

 

それに加えてアポ電強盗の3人に極刑を求めることも本当に多いように感じました。

 

それだけ多くの人にとって怖い思いをさせてきた事件ということがわかりますね。

 

私を含め多くの人が捕まったことに安心したと思います。

アポ電強盗逮捕についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回のような事件が話題になったことで同じような手段を使って強盗する人が出てくるかもしれませんね。

 

私たちもそれに十分気をつけるとともに、周りにいるご高齢の人に注意喚起をする必要がありそうですね。

 

今後もこのような事件に遭わないように注意しましょうね。

(Visited 2,768 times, 4 visits today)

ニュースカテゴリの最新記事