【神奈川・愛川町】64歳の男性が川に流されたの原因は?場所はどこ?

【神奈川・愛川町】64歳の男性が川に流されたの原因は?場所はどこ?

こんにちは!

 

神奈川県愛川町でバーベキューをしていた64歳の男性が川に流されて亡くなってしまいました。

 

楽しい時間であるはずのバーベキューで命を落とす事故が起きたのは悲しい事故ですね。

 

今回はこの事故について川に流された場所と原因についてご紹介します!




64歳の男性が川に流される事故発生!

7月14日土曜日、バーベキュー中に64歳の男性が流され命を落とす事故がありました。

 

↓この報道がされているネットニュースがこちら

14日、神奈川県愛川町で家族らとバーベキューをしていた64歳の男性が、川に流されて死亡しました。

14日午後2時半すぎ、神奈川県愛川町を流れる中津川で「男性が流された」と119番通報がありました。

消防などが捜索し、通報からおよそ15分後に1.5キロほど下流にある橋の下で、海老名市の会社員・高梨貞雄さんが浮いているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

警察によりますと高梨さんは当時、河原で息子家族などと一緒にバーベキューをしていましたが、「魚がいる」と言って川に入った後、姿が見えなくなったということです。

家族は、高梨さんが「焼酎を2、3杯は飲んでいた」と話しているということで、警察が川に流された経緯を調べています。

引用:Yahoo!ニュース『家族らとバーベキューの男性、川に流され死亡』

家族達とバーベキューしていた男性が川に流されたという水難事故が発生しました。

 

3連休の真ん中ということもあって前々から計画をしていたということでしょう。

 

家族サービスなのに関わらず今回のような水難事故が起きたのは残念で仕方ないです。

 

 

7月も寒いですが水難事故が何件か発生しています。

 

水は怖いということをしっかり認識して水難事故を起こさないようにして欲しいです。

 

<関連記事>

【栃木県那珂川町】川に溺れた12歳の少年がいた施設とは?溺れた場所についても!

【高知市】3歳男児が溺れた場所はどこ?原因はなに?父親へのネットの反応も!

川に流された場所はどこ?

64歳の会社員である高梨さんが川に流されてしまった場所は神奈川県愛川町を流れる中津川 ということがわかっています。

 

↓愛川町の地図がこちら!

下流1.5キロの橋の下で遺体が発見されましたね。

 

中津川にある愛川橋の近くにバーベキュー場にあるということがわかりました。

 

河川敷でのバーベキューをしており川に流されるような速さなので上流の近くなのかもしれませんね。




流された原因はなに?

一体、なぜ川に流されてしまったのでしょうか。

 

流された時の状況としてわかっていることは

POINT

・雨によって川が増水していた

・川に入って足が付かない深さになってしまった

・酒に酔っていた

このようなことではないでしょうか。

 

7月14日までに神奈川県でも雨が続いていました。

 

その為、水量が増えていたということは予想できますね。

 

 

お酒が入っていたということから水の中に入ったという判断ができなくなってしまったのでしょう。

 

バーベキューでなくてもこれから水回りに行くことが増えると思います。

 

水は怖い」「自然で命を落とす可能性がある」ということをしっかりと把握することが大切ですね。




ネットの反応!

ネットの反応
川は危険です。急に深いところもあるから、足も届かず流れも有るのでアウト。しかも酒飲んで川に入るなんて自殺行為もいいとこだ。情けないが自業自得。家族も止めないのが悪い。更にお盆で海や川の事故も多いのも霊は水辺を好むので引き込まれるとか。とにかくプールとは違うので自然のものと接する機械が増える夏は気を付けないとダメです。
ネットの反応
確か昨日は天候悪かったよね?
雨が降ってなくても上流では降ってるのでは
と予測は出きるよね
それに九州から関東の太平洋側では激しい雨と天気予報が出てたはず
そんな中河原でBBQなんてします?
自然を舐め過ぎです。
ネットの反応
海水浴シーズンもそうだけど飲酒すると水中に入れば息を止めるということが酔っているため呼吸をして水を吸い込んでしまいやすい。 泳げる、立てば浅いところでも一瞬で溺れてしまう。 これが飲酒遊泳禁止とされる理由です。そしてニュース動画をみると水量も相当あったみたいで悪条件が重なり亡くなられたのではないかと考えられます。 
ネットの反応
川を甘く見過ぎ。
海やプールと同じ様な感覚だと事故になる可能性は高いよ。
自分は子供の頃周りにプールも海も無く水辺と言えば川。
自分を含め周辺の子供達は親や周りの大人に川の怖さを嫌と言うほど教わった。
登山なんかもそうだが怖さを理解してない。
飲酒した状態で流されたのは自業自得とも言える。
ネットの反応
こういう事故の時は大体二杯か三杯と言っているけど実際はその数倍飲んでいる。 
ネットの反応
川で2回死にかけた体験を元にアドバイスすると
流れが速い川にもしも流された場合はパニックにならずに
川の流れに身をまかせて川岸の方向に泳がず沈まない事だけを意識して徐々に端に行きましょう。ここでのポイントは最短距離を狙って真横に泳ごうとしない事。成功した為に現在も生きております。感謝。

64歳の男性が川に流される事故まとめ!

今回川に流された男性は亡くなってしまいました。

 

このような水難事故は毎年見かけますね。

 

飲酒をしたら水に入らない

水は怖いものと認識する

 

ということを意識してこのような事故に気をつけましょう!

 

亡くなってしまった男性のご冥福をお祈りしております。




(Visited 786 times, 1 visits today)

ニュースカテゴリの最新記事