【2019年】台風6号の進路は?米軍と気象庁の情報から予想!

【2019年】台風6号の進路は?米軍と気象庁の情報から予想!

こんにちは!

 

令和で初上陸となった台風5号はとても強い勢力で各地域に大雨をもたらしましたね。

 

現在では台風6号が発生しようとしました。

 

今回は、台風6号のたまごについて米軍と気象庁の情報からご紹介します。

 

台風6号のたまごが発生!

日本の南側で熱帯低気圧が発生しています。

 

この熱帯低気圧は台風6号になると予想されていましたが、7月26日午前に台風6号の発生が発表されました。

 

気象庁の情報によると中心気圧1000hPa、中心付近の最大風速は18/s、最大瞬間風速25m/s となっています。



米軍の情報!

米軍の情報を見てみましょう。

 

引用:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

 

日本列島の南側に赤い矢印で台風の発生が知らされています。

 

気象庁の情報!

続いて、気象庁の情報を見てみましょう!

 

引用:https://www.jma.go.jp/jp/typh/a.html

 

気象庁の情報でも日本の南側に大きな渦が現れています。

 

これが台風6号(ナーリー)です!

 




進路は?

台風6号になった場合の進路を見てみましょう。

 

引用:https://www.jma.go.jp/jp/typh/al.html

 

このまま進むとしたら関東・東海に上陸することが考えられますね。

 

27日〜28日にかけての週末で関東・東海あたりでは大雨になることが予想されます。

 

交通機関の乱れを考慮して行動した方がいいでしょう。

 

また、土日は洗濯物を干すことができないと考えておいた方が良いですね。

 

<最近のニュース記事>

【衝撃】幕張のジャンプフェスタで火を付けた動画がヤバイ!犯人は誰?目的は?

【埼玉・蕨市】犯人の男は現在どこにいる?被害者との関係がヤバイ!

台風6号まとめ!

台風6号は5号よりも勢力は弱いですが関東・東海に住んでいる人は被害が出ます。

 

そのため、台風に備えておきましょう。

 

念の為、川の氾濫などが発生した際の避難場所の確認をしておいてくださいね。

 

最悪な事態を想定して備えておくことが身の安全につながりますよ!




(Visited 21,588 times, 1 visits today)

ニュースカテゴリの最新記事