【2019年】台風21号が発生で予想進路は?米軍と気象庁から紹介!

【2019年】台風21号が発生で予想進路は?米軍と気象庁から紹介!




こんにちは!

 

今年は多くの地域で台風の被害を受けていますね。

 

台風21号が発生しました。

 

今回は、台風21号について進路予想などを米軍と気象庁の情報をもとにご紹介します!

 

↓台風20号も発生しています!

【2019年】台風20号のたまごの進路予想は?米軍と気象庁の情報から調査!

台風21号のたまごが発生!

台風21号のたまごである熱帯低気圧が発生しています。

 

今の所は台風21号になる可能性が高くはありませんが、今後勢力を増して台風になる可能性があります!

 

 

今後、台風となり温帯低気圧になったとしても強風や強雨が襲う地域もあるかもしれません!

 

台風21号のたまごの動向も追うようにしてくださいね。

 

↓熱帯低気圧・台風・温帯低気圧の違いについてはこちらで解説しています!

台風が温帯低気圧に変わるのはなぜ?違いや変化の定義についてご紹介!

 

※追記

台風21号のたまごである熱帯低気圧は台風21号になりました。

 

台風20号も近くで発生をしており、台風の影響を多く受けることになりそうです!

 

米軍の情報!

米軍の情報を紹介します。

引用:米軍(JOINT TYPHOON WARNING CENTER)

矢印で示されているのが「台風20号(ノグリー)」と「台風21号(ブアローイ)」です!

 

その横には台風22号のたまごが発生していますね。

 

 

この2つの台風は強い台風になると予想がされています。

 

どのように変化をするかはわかりませんが、要注意な台風ですね。




気象庁の情報!

気象庁は台風21号(ブアローイ)について情報を発表しています。

 

中心気圧:985hPa

中心付近の最大風速:30m/s(55kt)

瞬間最大風速:40m/s(80kt)

 

台風19号よりは強い勢力ではありません。

 

しかし、関東付近に最接近することが予想されています。

 

そのことを考えると台風19号の被害があった地域に2次災害をもたらす可能性があります。

 

できる限り備えるようにしてください。

 

進路予想は?

進路予想についてはヨーロッパ中期予報センター気象庁の情報からご紹介します。

引用:ヨーロッパ中期予報センター

 

引用:気象庁

特にヨーロッパ中期予報センターの情報を見ると台風20号が関東に上陸した数日後に台風21号が接近しているのがわかりますね。

 

10月が終わりに近づいてはいますが、台風の脅威がまだまだ続いています。

 

しっかりと対策や準備をするようにしてくださいね。

 

台風21号のたまごについてまとめ!

台風15号と台風19号は広い地域に影響を与えましたね。

 

その影響がある中で台風20号と台風21号も日本に影響を与えそうです。

 

今回も暴風雨に注意をするようにしてください!

 




(Visited 639 times, 1 visits today)

ニュースカテゴリの最新記事