【2019年】台風20号の進路予想は?米軍と気象庁の情報からご紹介!

【2019年】台風20号の進路予想は?米軍と気象庁の情報からご紹介!




こんにちは!

 

台風19号は広い地域に大きな被害をもたらしました。

 

まだ被害が回復していない中、台風20号が発生しています。

 

今回は、台風20号の進路予想を米軍と気象庁の情報からご紹介していきます!

 

↓台風21号も発生しており、広い地域で影響を与えるのでこちらもチェックしてください。

【2019年】台風21号が発生で予想進路は?米軍と気象庁から紹介!

 

台風20号が発生!

台風20号のたまごが台風20号になりました。

 

しかも、この台風20号は日本に上陸をする予想が出ているのです!

 

 

情報は更新していきますが皆さんも台風情報にはアンテナを張るようにお願いします。

 

熱帯低気圧が台風に変わり、温帯低気圧になったとしても強風が吹く可能性がありますので注意してください!

 

台風が温帯低気圧に変わるのはなぜ?違いや変化の定義についてご紹介!

 

米軍の情報!

台風20号のたまごの米軍の情報をご紹介していきます。

引用:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

台風20号と台風21号が日本の近くに発生していることがわかりますね。

 

この2つの台風は日本に大きな影響をもたらす可能性があります。

 

詳しくは気象庁の情報などでご紹介しますが、台風20号は強い勢力という報道も出ていますので注意が必要です!

 

気象庁の情報!

台風20号の情報についてご紹介します。

 

中心気圧:975hPa

中心付近の最大風速:35m/s(70kt)

瞬間最大風速:50m/s(100kt)

 

瞬間最大風速が50m/sというのは風が非常に強い印象を受けますね。

 

また、この台風20号が上陸した後、台風21号が急接近します。

 

10月の終わり〜11月の初めにかけては台風による暴風雨に備えるようにしてくださいね。

 




進路予想!

進路予想はヨーロッパ中期予報センター気象庁の情報からご紹介します。

引用:ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)

 

引用:気象庁

台風20号は関西地方から日本に上陸し、そのまま関東まで縦断する予想になっています。

 

多くの地域で台風15号と台風19号の影響がありましたが、台風20号も広い地域で影響を与える可能性が高そうです。

 

 

来年も台風シーズンでは水害や停電などの影響を受けることがあるでしょう。

 

台風や地震などの自然災害はいつ起こるかわからないので備えが大切になります。


この防災セットには食料の他にソーラーパネル付きのモバイルバッテリーなども付いています。

 

何かあった時の備えとして家に置いておくということも検討してみてください。

 

台風20号についてまとめ!

台風20号も台風21号も日本に接近、上陸する可能性が非常に高いです。

 

暴風雨が発生した場合はまた停電などが発生することや、備えるために買い占めで品薄になることも考えられます。

 

窓の補強や買い出しなどは早めの行動を心がけるようにしてくださいね。

 




(Visited 942 times, 1 visits today)

ニュースカテゴリの最新記事